ブログ Adjustの最新版「モバイルファイナンスレポート 2020」をリリースしました

Adjustの最新版「モバイルファイナンスレポート 2020」をリリースしました

モバイルファイナンスは世界中で急速に普及しています。先進国ではモバイルアプリサービスの便利さがユーザーを取り込み、新興市場ではこれまで銀行サービスを享受することができなかった層にネットバンキングを提供しています。

Adjustは、モバイルマーケットインテリジェンス企業のApptopiaと共同で調査を行い、「モバイルファイナンスレポート 2020」をリリースしました。日本、米国、ドイツ、英国、アルゼンチン、ブラジル、ロシア、トルコおよびウクライナを対象に調査を実施した本レポートでは、今日のモバイルファイナンス業界を理解するために必要なインサイトをすべてお届けします。

以下は、フィンテックアプリの成長について解説したレポートの抜粋です。レポートは無料でダウンロードできますので、ご希望の方は下の画像をクリックしてください。

投資アプリの利用が急増

新型コロナウイルスの流行拡大は、世界的な消費パターンの変化をもたらしました。Acorns、Gatsby、Stashなどのトレーディングプラットフォームが提供するアプリにより投資は手軽で身近なものとなり、多くの人々が投資を始めるきっかけとなっています。投資アプリが大きく成長しており、2020年1月から6月にかけて、1日あたりの平均セッションは88%増加しました。

スマホ決済アプリは今がチャンス

Adjustのデータは、2019年上半期と2020年上半期を比較した結果、スマホ決済アプリのセッション数が49%増加したことを示しています。その中でも特に成長率が高かったのは、日本 (75%)、ドイツ (45%)、トルコ (39%)、米国 (33%)および英国 (29%) です。

本調査の全対象国において、バンキング(銀行)アプリと決済アプリのセッション数が合わせて平均26%増加しました。調査対象となったすべての国においてセッション数が増加しましたが、特に顕著だったのは日本 (142%)、ドイツ (40%)、トルコ (31%)、米国 (27%) です。

いまだ市場を揺るがすスーパーアプリ

スーパーアプリ(用途が異なる複数のアプリを1つに統合するプラットフォーム型アプリ)は引き続きモバイルのトップトレンドとなっています。WeChatやKakaoTalkなどのスーパーアプリがアジア市場に君臨する中、「スーパーアプリ戦略」を追求するRevolutなども他の地域で急成長しています。

今すぐレポートをダウンロードし、さらにインサイトを手に入れましょう。

Adjust の最新情報をお届けします