AdjustのCTVアプリ計測サポートがRokuとの連携により拡張します

2020年12月3日

OTTメディアは、コンテンツ消費形態の変わりゆくグローバルトレンドの一翼を担っており、その最前線にいるのがコネクテッドTV(CTV)です。

Adjustのアトリビューションおよびアプリ内イベントレポートソリューションは、Apple、Android、AmazonTVなど、最も普及しているCTVプラットフォームの一部で既に提供が開始されています。AdjustとRokuの最新の連携により、このサポートがさらに拡張されます。

AdjustのCTVアプリ計測サポート

Adjust SDKを使用すると、最も普及しているCTVアプリの一部において、モバイルアプリと同じ方法でキャンペーンを計測できます。 SDKサポートが利用できない場合は、サーバー間連携を使用できます。

Adjustで計測できるCTVプロバイダーとその方法については、次の表をご覧ください。

デバイスメーカー OS名とタイプ OSプロバイダー Adjust SDK との互換性 S2S 連携
Asus, DirecTV (AT&T), Hisense, LGE, Philips, Sharp, Skyworth, Sony, TCL, Toshiba, Xiaomi Mi Box Android TV Android Google あり 不要
Amazon Fire TV Fire OS Android Amazon あり 不要
Apple TV (TV box) tvOS iOS Apple あり 不要
Hisense, Hitachi, Philips, Sanyo, Sharp, TCL Roku OS Linux Roku なし 必要
Panasonic Firefox OS Linux Mozilla なし リクエスト時

AdjustのRoku連携

アプリダウンロード数が2万を超えるRokuは、さらに増え続けている世界で最も普及したモバイルアプリベンダーのひとつです。Adjustと連携することで、ネイティブのRokuトラフィックを計測、アトリビュートすることが可能です。

Adjust管理画面でRokuモジュールを有効にすると、AdjustとRokuの間でサーバー間アトリビューションを設定できます。これにより、Rokuデバイスからの全てのインストールとインストール後のイベントを計測し、アトリビュートすることができます。

CTVアプリキャンペーンのメリット

自宅のスマートTVやモバイル環境でエンターテインメントのストリーミングを楽しむ人が増える中、CTVは何百万人ものユーザーにリーチするための新たな手段になっています。次に示すのは、Adjustを利用してCTVアプリキャンペーンを計測することで得られるメリットのほんの一端です。

ROIとLTVの算出

アプリを使用するユーザーを識別し、パターンやコンバージョン傾向を特定します。ユーザーライフサイクルに基づいて最適化に磨きをかけ、継続率を高めてリエンゲージメントを促進します。

アプリエクスペリエンスの向上

アプリ内イベント計測データに基づいてパーソナライズされたキャンペーンを構築します。ユーザーフローを理解して問題点を特定することによって、CTVアプリの導入を促進します。

サブスクリプション計測の利用

CTVアプリ計測をAdjustのサブスクリプション計測パッケージと組み合わせて、CTVアプリのユーザージャーニー全体を把握します。ユーザーの離脱を減らし、最適化によってリエンゲージメントを促進するためにインサイトを活用します。

始めましょう

Adjustを使用して次のCTVアプリキャンペーンの計測を始めませんか。詳細は、ヘルプセンターのAdjust SDKを使用してキャンペーンを設定する方法、あるいはAdjustとRokuの連携をご覧ください。