すべての記事 Adjust Automate 最新アップデートのご紹介

Adjust Automate 最新アップデートのご紹介

2021年5月6日

Adjust Automateは、複数のアプリやパートナー、ネットワークのレポートを横断的かつ簡単に作成するための強力なオートメーションツールです。このソリューションでマーケターはキャンペーンを最適化し、Adjustの管理画面内で実用的な分析データを得ることができます。この数ヶ月間、Adjustチームはユーザーエクスペリエンスと機能を向上させながら、粒度の細かいデータが提供できるよう取り組みを続けてきました。

今回は、その中でも重要なアップデートをお知らせします。

ステータス アトリビュート

Adjust AutomateがFacebook、Snapchat、Google、Adwords、TikTok、Apple Search Adsのステータス管理をサポートし、管理画面からキャンペーンのステータスをアトリビュートとして管理できるようになりました。さらに、これらのステータスはキャンペーンレベルごとに確認できるため、キャンペーン、アドグループ、アドステータスを個別に管理することが可能です。

Img

また、特定のキャンペーン指標のパフォーマンスに基づいて、1つの(対象を絞った)変更あるいは複数の変更を直接Automateの管理画面から設定できるようにしました。さらに、ルールエンジン機能を使用することで、パフォーマンスに基づいてステータスを自動的に変更できます。(例:インストール数 = 0のアドグループをすべて停止する)

コホートされたイベントあたりのコスト

コホートされたイベントあたりのコストを、Automateの管理画面でKPI指標として表示できるようになりました。カスタムイベントKPIに基づいて一定期間内にアプリをインストールした、あるいは(または)アプリにリアトリビュートされたユーザーを区別できます。

さらに、0D、1D、3D、7D、14D、0M、2M、3Mといった定義済みの期間の高度なイベントベースのKPIを分析することも可能です。例:

Day 0 event_name:インストール当日に関連するアプリ内イベントを実行したユーザーの総数
Day n:インストールのn日後に、アプリに戻って関連するアプリ内イベントを実行したユーザーの総数

データベースの通知(ベータ版)

高度なレポート機能があっても、手作業でデータを確認するには非常に時間がかかり、詳細かつ頻繁にデータ分析をするのはほぼ不可能です。Automateのデータベースのアラートは、設定の異常を早い段階で検出するため、多くの費用と貴重な時間を節約できます。

この機能は現在ベータ版として公開中です。この機能の利用をご希望の方は、Adjustの担当者またはsales@adjust.comまでお問い合せください。

新しくなったユーザー権限と言語

すべてのアカウントユーザーが、Automateの統計データにアクセスできるようになりました。閲覧可能なデータは、ユーザー権限の設定によってフィルタリングされます。管理者は、アトリビュートにアクセスできるようデフォルト設定されています。管理者以外のユーザーがアトリビュートにアクセスするには、管理者がユーザーをホワイトリストに登録することが必要です。

Img

現在、Automateは日本語、英語、中国語、韓国語でご利用が可能です。

新しいレポートナビゲーション

Automateレポートを閲覧する方法がアップデートされ、保存したすべてのレポートに素早くアクセスできるようになりました。今後は、レポートとそれに関連するルールを一目で確認し、自動最適化されている項目を俯瞰することが可能になります。また、オートメーションのステータスをフィルタリングすると、どのキャンペーンのオートメーションが有効化(あるいは無効化)されているかを確認できます。

Img

Adjust Automateの詳細については、ヘルプセンターのAutomateガイドをご覧ください。Adjust Automateのメリットをまだご体験されていない方は、Adjustの担当者、もしくはsales@adjust.comまでお問い合せください。デモのご案内をいたします。