テスト用エンドポイント構造を更新しました

トピックス

テスト用APIの更新につき、従来のデバイス情報削除用エンドポイントが廃止される予定であることをお知らせしました。

このエンドポイントはAdjustサーバーからデバイスの履歴を削除するために使われており、これを使用すると、同じ端末で複数回、インストールするテストを行うことができます。

今回、従来のエンドポイントは、すべてAdjust側で開発者用APIの新しいエンドポイントに変更され、機能も新しくなります。

今後はコールするときに、APIトークンを入力する必要があります。このAPIトークンとはKPIサービスに使われるものと同じもので、確認方法はこちらをご参照ください。新しいAPIへのアクセス権はコンソールから、もしくはデバイス情報削除のURLを使って取得できます。

従来のエンドポイントは11月10日に廃止されます。

デバイス情報削除機能について、詳しくはこちらをご覧ください。