トラッカーに対するブラックリスト機能の提供を開始

トピックス

Adjustの最新のブラックリスト機能を利用すれば、不正なソース、あるいは古いソースでおこなわれているキャンペーンを停止することができます。

トラッカーをブラックリストに登録すると、Adjustはそのトラッカーやサブレベルのトラッカーのクリック数やインプレッション数を計上しなくなります。ブラックリストに登録されたソースへもアトリビューションされません。

このアップデートにより、お客様の保有するデータをきめ細かくコントロールできるようになり、不正なネットワークが大切な情報や有料インストールを受け取らないようにすることができます。

導入方法 

APIの導入方法については、Adjustのドキュメントで詳しく説明しています。こちら(英文)をクリックしてご覧ください。

トラッカーに対するブラックリストの設定を解除することも可能です。解除方法については、こちら(英文)をご覧ください。

UIの更新

トラッカーがブラックリストに登録されると「BLACKLISTED」と下記のように表示されます。

トラッカーは「アプリ設定」でアーカイブすることが可能ですが、アトリビューションの設定を変更したり、ネットワークの入力を変更したりすることはできません。下記を参照してください。


詳細情報

いずれの設定も、ネットワーク、キャンペーン、およびアドグループレベルで動作します。ブラックリスト機能は、Business Pro、Enterprise、およびFlatプランをご契約のお客様にご利用いただけます。

技術的な詳細については、こちら(英文)をクリックしてご覧ください。

具体的な手順のページが英文のみとなりますので、日本語でサポートをご希望の場合は専属のアカウントマネージャーもしくはsupport@adjust.comへお問い合わせください。