BidalgoとAdquantがAPI連携パートナーのキャンペーンデータを受信できるようになりました。

BidalgoとAdquantがAPI連携パートナーのキャンペーンデータを受信できるようになりました。

今回のアップデートにより、BidalgoとAdquantは、インストールやイベント発生時のユーザーレベルのデータも取得できるようになります。

これまでは、BidalgoとAdquantは、FacebookやTwitterなどで広告キャンペーンを配信する際、どのキャンペーンが何件インストールを促し、どれほどROIに貢献したかを集計するため、レポートやダッシュボードを駆使してマニュアルで集計する必要がありました。今後は、「キーワードコールバック」を活用することで、迅速かつ容易に相関関係を見出すことができるようになります。

この設定の際に重要なのは、キャンペーン名にBidalgoもしくはAdquantの名称が含まれていることです。「[パートナー名] Summer 2018」のように、BidalgoもしくはAdquantのパートナー名称をキャンペーン名に記載すると、指定したパートナーに指定したキャンペーンのインストールやイベントコールバックを送ることができるようになります。

参加パートナーについて

BidalgoとAdquantが先駆けてこの連携を開始いたしましたが、今後さらに多くのパートナーが参加する予定です。

  • Bidalgoは、Snapchatの任意のキャンペーンのキャンペーンデータを受信します。
  • Adquantは、Snapchat、Google、およびFacebookの任意のキャンペーンのキャンペーンデータを受信します。

この仕組みの詳細については、こちら(英文)に掲載されたAdjustのドキュメントをご覧ください。