管理画面のレポートページに新たなフィルター「パートナー」が追加されました

トピックス

新たに追加されたフィルター「パートナー」を使用することにより、選択した媒体の傘下に入るプラットフォームの成果を個別にCSVフォーマットで抽出しなくとも、管理画面上でまとめて成果を確認することができます。例えば、Facebook はFacebook広告だけでなく、Instagram、Off-Facebook やFacebook Messenger などの広告を所持しております。これまでは、各プラットフォーム毎に広告の成果が表示されており、Facebookとして一つのレポートにまとめるには、手動でレポートをダウンロードする必要がありました。

この「パートナー」フィルターを使うことで、Facebook、GoogleやTwitterをはじめとする複数のプラットフォームを持つ媒体を比較する際に大変便利なフィルターになります。

管理画面のレポートページの右上の「フィルター」アイコンをクリックします。すると、「プラットフォーム」と「並び替え」の間に「パートナー」が表示されます。

こちらの新しいフィルターは該当媒体に広告出稿している全てのお客様にご利用いただけます。

詳細は、こちらの資料をご参照ください。(英文)