iOS、Android、およびWindows用のSDKバージョン4.12がリリースされます

Adjustは、iOS、Android、およびWindows用のAdjust SDKバージョン4.12のリリースを発表します。

今回リリースする最新のSDKは、機能性、セキュリティ、モバイル広告不正対策において、大幅に改良されています。これらの新機能は間もなく公開予定で、SDK 4.12より新機能をご利用いただけます。

Adjustはモバイル広告不正対策の先駆者であり、不正を検知し、除外までできる業界で唯一のツールです。今回のアップデートでは、さらに様々なケースにおいて対策を講じています。また、サードパーティストアでのトラッキングを、これまで以上に容易にし、かつAppleストアやGoogle Playストアにおいても、これまでと同様のセキュリティを提供します。

SDK 4.12で新しく追加される機能については、以下をご確認ください。


クリックインジェクション・フィルタ

これはクリックインジェクションという、昨今急増している、極めて悪質な手法の不正を防ぐための最新のフィルタ機能です。

AdjustはGoogleとともに、タイムスタンプを活用した不正検知の精度を高めてきました。タイムスタンプはユーザーの挙動を知る手がかりとして、極めて有効な情報となります。クリックインジェクションによる不正トラフィックは、通常のユーザーの挙動とは大きく異なります。クリックインジェクション・フィルタはこの挙動に基づき、不正トラフィックを除外します。

下記のタイムラインは、アプリのインストールの前後でのクリックインジェクションの挙動を表しています。

次のタイムラインは、新しいデータポイントを利用した状態での同じアプリインストールを表します。

クリックインジェクション・フィルタは、不正防止ツール内の「クリックインジェクション・フィルタ」スイッチを切り替えることで利用できます。なお、クリックインジェクション・フィルタをご活用いただくためには、不正防止機能を有効にし、ネイティブAndroid SDK、または派生版Android SDKをバージョン4.12にアップデートすることによりご利用いただけます。


サードパーティアプリストアのアトリビューション計測を簡易化

SDK 4.12のリリースに伴い、サードパーティアプリストア用に、新しいアトリビューション計測をリリース予定です。特に中国においては、サードパーティストアが大きなシェアを持っているため、大きなニュースと言えます。

以前は、複数のサードパーティストアにアプリをリリースしている場合、それぞれ別のAPKファイルを使い、SDKとデフォルトトラッカーを実装する必要があることがありました。現在では、サードパーティストアがリファラーの送受信をサポートしていれば、Adjustにてストア側で作られた特定のキャンペーン情報に、正しくアトリビューションすることができます。この設定は、Google Playストアでのリファラー設定と同様に行われますので。

これからはどのサードパーティストアにアプリをリリースしても、アトリビューション計測の正確さを確認いただけると思います。また、アトリビューション設定は、Google Playストアでの設定と同様に行うことができます。今回の新機能をご利用いただくには、ブロードキャストレシーバーを設定する必要があります。SDK 4.12を設定すると、ブロードキャストレシーバーが設定され次第、常にinstall_referrerインテントを受信し、そのインテントからのリファラーをアプリ起動時に保持するようになります。リファラー内のデータは、すべてシングルエンコーディングされています。コールバックがあれば、コールバックは二重エンコーディングされます。


プリインストールされたアプリのアトリビューション計測

サードパーティストアと同様のソリューションを、新規デバイスのプリインストールされたアプリにも適用できます。

従来はプリインストールアプリのトラッキングは、少々厄介でした。不正防止フィルタのひとつがディストリビューションモデルに基づいて作動していたのと、クリックとインストールの時間差が、Adjustが通常とみなす範囲から外れることがあり得たため、プリインストールのアプリからのアトリビューション情報は、不正と見なされやすい傾向にありました。

SDK 4.12へのアップデート後、Adjustはデバイスが初期化された際に、クリックを受信しなくなります。その代わりに、インストールをアトリビューションできる、別のメソッドを採用します。新規ユーザーがプリインストールされたアプリを起動した時、リファラーがSDKクリックを発動させ、SDKクリックがソース情報を送ります。


セキュリティ強化のためのSDKの署名システム

新しいAdjustの署名機能を使って、Adjustはハッキングを阻止するシステムを開発しています。今後はダッシュボード上で設定できる署名システムを利用し、トラフィックの偽装に対するセキュリティをさらに向上させます。

なお、AdjustのSDK署名機能はAdjust SDK最新バージョンをご利用のお客様へのみ提供可能です。

SDK署名システムについて、詳しくはプロダクトアップデートをお待ちください。

これらのアップデートに関して、詳しくは担当のアカウントマネージャーまでお問い合わせください。