計測URL生成ツールを更新しました

トピックス

計測URL生成ツールを更新しました。これは、計測URL生成ツール(トラッカーウィザード)のみに関連した更新となります。

新しいパラメータ1:fallback_click

このパラメーターは、ユーザーがストアページにたどり着く前に特定の場所にリダイレクトされた場合に、以前のソースに属性を付けるために直近のアトリビューションを上書きできるようクライアント向けに作成されました。例えば:広告A(トラッカーA)>ランディングページ(トラッカーB)>ストアページ上記の場合、通常ですとラストクリックはトラッカーBがラストクリックとなり、ランディングページ(トラッカーB)にインストールがひも付きます。しかし、この「fallback_click」を利用することによって、ランディングページ(トラッカーB)ではなく、その前の広告A(トラッカーA)にインストールが紐づきます。

このパラメーターを追加するには、その他の設定>トラッカー画面で、各トラッカーの編集メニューにて、「追加パラメーターをクリックし、フォールバックのタブをクリックしてください。

「Fallback Click」の初期設定はオフになっています。こちらを有効化するにはオンにしてください。

詳しくは、こちらをご覧ください。


新しいパラメータ2:fallback_lp

このパラメーターを利用すると、Safariで広告をクリック時、ストアページに遷移しなかった場合、指定したランディングページにリダイレクトします。

なお、こちらのパラメーターはiOS 10.3以降のユーザーにのみ有効です。このパラメーターはトラッカーウィザードに挿入し、必要なコンテンツを設定することが可能です。

このパラメーターを追加するには、その他の設定>トラッカー画面で、各トラッカーの編集メニューにて、追加パラメーターをクリックしてください。ここで、フォールバックタブの後ろに「フォールバックランディングページ」という新たなタブが表示されます。次に、関連するランディングページを指示するリンクを挿入します。

詳しくは、こちらをご覧ください。


パートナーインストールコールバック

この新機能により、トラッカーURLにネットワークインストールコールバックURLが自動的に追加され、クライアントは手作業でインストールコールバックURLを追加することなく最終入稿URLを作成することができます。

これを行うには、まず、キャンペーンウィザード(アプリの「トラッカー(Tracker)」セクションにあります)のドロップダウンメニューでネットワークを選択し、設定を保存します。この後、エンコードされたインストールコールバックを含むトラッカーURLが表示されます。

詳しくは、こちらをご覧ください。