すべてのレポート

モバイルアプリ市場の最新トレンドを解説「Adjust Global App Trends 2019」レポート

以下の内容が含まれています

  • 23のアプリカテゴリーのパフォーマンスを分析

  • カテゴリー別、国別にみたアプリの継続率、セッション数、利用状況

  • 注目カテゴリーの旅行、ショッピング、モバイルバンキングアプリを詳しく調査

レポートを取得

「Adjust Global App Trends 2019」は、2018年にアプリ市場の動向を調査、分析したAdjustグローバルベンチマークシリーズの最新版です。アプリのパフォーマンスをカテゴリー別や国別で明らかにし、モバイルの普及によりどんなアプリがどこで急成長を遂げたかなどを解説しています。

自社が計測する上位1,000のアプリから発生した70億のインストールと1,200億のセッションデータから、モバイルアプリは世界のユーザーの日常生活に欠かせないツールであり、ユーザーはアプリでさまざまな購入を行ったり、つながりを築いたりするために使用していることが明らかになりました。マーケターは比較可能な調査データを利用して、より的確に施策の意思決定が行えるようになります。

今年のアプリ動向とは?以下のレポートのプレビューをご覧ください。

インストール後7日目の継続率

インストール後7日目までに、アプリの継続率に根本的な変化が起こります。ニュース (31%) と漫画 (28%)アプリは、インストール後7日目が経過しても高い継続率を維持します。それぞれの1日の平均セッション数は約2.2で、カジノゲームやマッチング(出会い系)アプリを超えるパフォーマンスの高いカテゴリーであることがわかりました。

継続率の重要性は、アプリの種類によって異なります。アプリのカテゴリーによっては、30日間にわたる状況を把握することが、効果的なマーケティング施策を行うために重要かも知れません。このレポートをダウンロードして、調査結果をご覧ください。

2018年のアプリの成長

カテゴリー別に見ると、2018年にはミッドコアゲームが18.52という成長指標(今年のレポートで新しく登場)で、最大の伸びを示していることが分かります。ミッドコアゲームは、すべてのアプリの中で最大のインストールベースを占めています。このような堅調な拡大は、「バトルロイヤル」ゲームやマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ (MOBA) ゲームの急成長とも一致しています。また、配車サービスアプリやスポーツゲームも成長率の高いカテゴリーです。

アプリの成長率が高い国についても調査しています。詳しくはレポートを入手してご確認ください。

アプリの使用状況

アプリへのエンゲージメントは過去最高を記録していますが、ユーザーはどの時間帯にアプリを利用する傾向があるのでしょうか?本レポートでは、アプリユーザーの1日の利用状況を1時間ごとにまとめて図式化しました。

グローバルでアプリの使用状況を見ると、漫画、ミッドコアゲーム、カジュアルゲームが1週間を通してもっとも使用頻度が高いアプリであることがわかりました。アプリのカテゴリーによって使用時間の傾向が異なります。漫画アプリは深夜に、ニュースアプリは午前7時に利用が高まる傾向があります。ゲームアプリに関しては、ユーザーは時間帯に関わらずゲームをしていることがわかりました。

  • 上記グラフは、Adjustが2018年に集約した上位1,000の匿名アプリデータを対象

まとめ

Adjust Global App Trends 2019 レポートには、ここにご紹介した以外にも、モバイルアプリの最新トレンドとパフォーマンスに関する調査結果や、業界をリードする専門家によるデータと解説が盛り込まれています。

無料レポートをダウンロードして、モバイルアプリ業界の動向をぜひご確認ください。

この無料レポートをぜひご覧ください

レポートをダウンロードする