セキュリティとプライバシー

Adjustは、お客様がデータを可視化して完全にコントロールできるソリューションを提供します。

専任のセキュリティチームは、Adjustが処理し保管するデータの機密性、可用性および完全性を常に管理しています。

Adjustの情報セキュリティ管理システムは、定評ある認証機関であるTUV Nordより定期的に監査を受けています。2020年、AdjustはISO/IEC 27001の認証を取得しました。

ISO/IEC 27001

国際標準化機構 (ISO) 27001:2013は、信頼性の高い効果的な情報セキュリティ管理システムの要件を規定する国際セキュリティ標準機関です。Adjustは、お客様に対する法的コンプライアンスを遵守しつつ、情報の機密性、可用性および完全性を常に維持するための取り組みを実施しています。

証明書をダウンロード

ePrivacy

Adjustは、2015年にePrivacy認証を取得し、2021年に更新されました。本認証は、デジタルプロダクトに関するEU一般データ保護規則(GDPR)の要件をカバーしています。

証明書をダウンロード

GDPRとCCPA

Adjustでは、お客様が個人情報保護法を遵守して製品をご利用いただけるように努めております。詳しくは、利用規約、プライバシーポリシー、CCPAのページをご確認ください。

AdjustとCCPA Adjustのプライバシーポリシー Adjustの利用規約

CARU COPPA Safe Harbor

Adjustは、自社のポリシーが世界の最も厳しいプライバシー規制に準拠するよう全力で取り組んでおります。セーフハーバーは、企業の製品と広告宣伝手法が、子供のプライバシー保護を中心としたCOPPAとCARUのガイドラインに準拠していることを保証する唯一の認証プログラムです。

セーフハーバー認証について

プライバシーポリシー

Adjustでは、データの透明性やプライバシー、情報セキュリティに関する権利を有するのは、アプリユーザーだと考えています。プライバシーポリシーには、どのデータが収集され、どのように使用されるかが明確に定義されています。
プライバシーポリシーを見る
  • Adjustのセキュリティ体制は、セキュリティ・バイ・デザインおよび多層防御のセキュリティ戦略を採用し、攻撃対象領域を減らすことを目指しています。その戦略のひとつがAdjustのインフラストラクチャーです。

  • Adjustは、IAASプロバイダーとのパートナー連携により、異なる場所に分散させたインフラストラクチャーを運用することで信頼性を高めています。3ヶ所あるデータセンターはそれぞれ多層構造のセキュリティ設計がされており、多くのハードウェアコンポーネントによりあらゆる障害を排除しています。

  • さらに、Adjustのプロダクション環境では従来のクラウドプラットフォームやビジュアライゼーションテクノロジーを使用していません。これにより、アセットライフサイクルの導入期から多くの重大なセキュリティリスクを回避しています。

  • セキュリティリスクへの露出を減らすことにより、セキュリティ認証の取得も最小限で済みます。リスクへの露出が増えるほど、十分なセキュリティ対策がされていることを保証するため、より多くのセキュリティコントロールおよび認証が必要になります。

  • Adjustではリスクへの露出が大きく制限されているため、膨大な数の認証を取得する必要がありません。よって、ビジネスの目標とリスクアペタイト(リスクの種類や程度)に合わせて効果的なリスク管理を実施するには、ISO/IEC 27001認証で十分なのです。

データセキュリティ

Adjustはお客様のためにデータを収集する唯一のプロセッサーであり、他の誰もアクセスすることができません。つまり、Adjustがお客様に代わって収集するすべてのデータは、自社が完全にコントロールしているサーバーにおいてのみ処理および管理されます。

データ送信

保存データ

バックアップ

データの保持期間

セキュリティの概要

アクセスコントロール

社員のセキュリティ

ネットワークセキュリティ

運用セキュリティ

システムセキュリティ

アプリケーションの多層構造セキュリティ

ログ

ペネトレーションテスト

セキュリティチームにお問い合わせください