ブログ AdjustとSnapが連携、iOS 14 SKAdNetworkをサポート

AdjustとSnapが連携、iOS 14 SKAdNetworkをサポート

2021年3月5日

iOS 14のプライバシー変更に伴う対応の準備がアプリのエコシステム全体で進められる中、AdjustはSnapと協力して、新しいルールが施行されてもお客様がシームレスに移行できるよう万全を期してきました。この取り組みの中で特に重視したのは、SKAdNetworkを利用するお客様へのサポートを磐石にすることです。

2月18日より、すべての広告主がSnapchat Ads ManagerでSKAdNetworkを利用できるようになりました。Adjustのお客様は、SnapchatでのiOS 14アプリ獲得キャンペーンの計測に問題が発生しないよう、なるべく早くAdjustのSKAdNetworkソリューションとの連携をアプリで設定し、テストを開始することをお勧めします。将来的に、SKAdNetworkはSnapchatでiOSキャンペーンのApp Goal Based Biddingにアクセスするための要件となる予定です。

管理画面内のSnapchatパートナーモジュールでconversion value管理を有効化し、conversion valueマッピングを設定し、Snapchatで広告配信するアプリごとにSnap App IDを設定すると、AdjustのSKAdNetworkソリューションによってお客様に完全なサポートが提供されます。Snapchat Ads ManagerでSKAdNetwork広告セットを起動する前に、これらの手順を完了していただく必要がある点にご注意ください。

SnapchatとのSKAdNetwork連携によって可能になること

  • SKAdNetworkコンバージョンのサポート — Adjust管理画面でAdjustイベントを標準Snapchatイベントにリンクすると、conversion valueマッピングをSnapchatと共有できます。
  • SKAdNetworkローデータエクスポート — AdjustとSnapchatと連携することで、ネットワークからのSnap固有の情報をポストバックしAdjustプレースホルダーにマッピングします。これにより、コールバックでそのデータを受信できるようになります。
  • SKAdNetworkの同一性 — 広告主は引き続き、SnapでAdjust SDKを利用してiOS 14向けの広告配信、最適化、計測を行うことができます。
  • 統合されたサードパーティレポート — 広告主はAdjust管理画面でAdjustデータキャンバスを使用してSnapデータを確認できます。

アプリとSnap SKAdNetworkとの連携を設定するための設定方法の詳細はヘルプセンターをご覧ください。

iOS 14に伴う変更は、広告を配信しSKAdNetworkを使用しているすべてのプラットフォームがモバイル計測プロバイダーと連携し、プロバイダーがconversion bitを管理する必要があることを意味します。この対応を行わない場合、conversion bitの不一致により広告主がクロスプラットフォーム計測と分析の正確なデータを受け取れない可能性があります。

iOS 14に向けた広告主の準備を支援するSnapの取り組みについて、詳しくはこちらのドキュメントをご覧ください

Adjust の最新情報をお届けします