minneのAdjust導入事例を公開:ワークフローから機能の活用例まで

Tomoko Goto

2019年11月4日

Adjustは、GMOペパボ株式会社様が運営するハンドメイドマーケットアプリ「minne」のAdjust導入事例を公開しました。minneがAdjustを導入したきっかけや移行作業について、また導入後どのような効果を感じていただけているかなどを詳しくお伺いしました。

minne(ミンネ)は、ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐ国内最大のハンドメイドマーケットです。アクセサリーやステーショナリー、生活雑貨、食品など、55万人以上の作家さんが作った1,000万点を超えるハンドメイド作品が展示・販売されています。

ヒアリングにご協力いただいたマーケティング戦略チームの池田様と平木様は、minneの広告運用を管理しています。Adjustを導入した2017年以来、Adjustはお二人の日々の業務に欠かせないツールだと述べています。

この導入事例では、データ管理のワークフローをはじめに、Adjustのリターゲティング機能「オーディエンスビルダー」、ユーザーの継続率を計測する「アンインストール機能」、広告不正を検出・排除する「アドフラウド防止機能」のご活用状況などをまとめています。人気アプリの広告運用を管轄する池田様と平木様の具体的な施策内容や、モバイルアプリ業界についてのご意見もぜひ参考にしてください。

Adjust 導入後の3つの改善点

  • 広告配信までの作業スピードが平均1~2営業日ほど短縮し、日々のデータ確認も1日15分で完了できるようになった
  • オーディエンスビルダーで、目標CPAの1/5で展開できる条件を複数発見できた
  • アドフラウド防止機能を導入したことで、広告不正を気にせず本来の仕事に集中できるようになった

アプリ計測ツールのAdjustに興味がある、または、現ツールから移行を検討されている企業様は、minneのAdjust導入事例を是非ご一読ください。