ショッピング

ケーススタディ- LinioとCriteo

続きを読む
参考資料 ケーススタディ ケーススタディ- LinioとCriteo
Linioについて

Linioは、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、チリ、ペルーでサービスを展開する南米のオンラインショッピングプラットフォームです。2012年にRocket Internetの企業として誕生し、2018年よりGrupo Falabellaの傘下に。現在は、Webサイトとモバイルアプリでプラットフォームを運営しています。

Criteoについて

Criteoは、確実かつ結果にインパクトを与える広告で世界中の販売業者をサポートするグローバルなテクノロジー企業です。2,700人以上の従業員、20,000のクライアント、数百万もの専門家を抱える同社は、あらゆる規模のビジネスに効果的な広告を提供しています。

課題

Linioの「ホットセール2020」に向けて顧客中心の戦略を立て、結果を効果的に計測

Linioは、期間限定の割引価格で商品を購入できるイベント「ホットセール」を毎年開催しています。Linioのモバイルチームは、マーケティング戦略をアクションに落とし込むのにホットセールがこれ以上ない機会だと考えました。コロナ禍に起因するEコマースアプリの利用増加を受け、2020年のホットセールはこれまでで最も長く実施されました。売上増加の施策に最適なタイミングだったことから、チームはデータ主導のアプローチを徹底的にとることにしたのです。そして、前年の結果の確認や具体的な傾向の特定、それに応じた調整などが行われました。Linioにとっての重要な課題は、「牽引力の維持」、「ホットセール期間中に顧客に価値を提供すること」、「ユーザーが商品を閲覧・比較する際に購入完了へと誘導すること」でした。

手元にあるリソースとデータを使って何ができるかを知りたかったのです。前年の結果から得たインサイトを基に戦略を立て、パンデミックによる影響の傾向分析を行いました。

ヤレッツィ・エスピノーサ(Yaretzi Espinosa)氏

ソリューション

AdjustとCriteoが、リアルタイム最適化のインサイトと今後の戦略プランをサポート

Linioにとって、成功への鍵はAdjustとCriteoとチーム連携をすることでした。Criteoは、ユーザーをプラットフォームに取り込むための強力な原動力として、Linioによるターゲットを絞ったキャンペーンの実施をサポートし、Adjustは、キャンペーンを適切なオーディエンスへと届けるCriteoの機能をさらに強化するためのデータとインサイトを提供しました。この連携により、Linioはあらゆる関連データを取得できたのです。データのソースがWebサイトかアプリかに関わらず、すべてのデータが統一され、かつ明確でした。

Linioはリアルタイムに取得できるインサイトにより最適化を行い、将来に向けた戦略を構築する中心となることに成功しました。同社の計画ワークフローは、履歴データを分析し、結果を予測してアクションに落とし込むことから始まります。AdjustによってLinioはすべての履歴データの全体像をしっかりと把握し、特定のキャンペーンに関する重要な意思決定をすることができました。たとえば、アプリにより注力することや、クーポンの配布が利益につながるかどうかを確認することなどです。

このデータを活用して、Linioはユーザーと各チャネルのROIに関する理解を深め、正確かつデータに基づいた意思決定が可能になりました。ユーザーがアプリを最初にインストールした時点で、関連性のある商品をユーザーに提示する絶妙かつ最適なタイミングを見極めることができたのです。この期間が過ぎてしまうと、ユーザーがアプリをアンイストールする可能性が非常に高くなるため、この時点で有益な情報が得られたことはキャンペーンにとって重要でした。リアルタイムな情報がなければ、ユーザーのリテンションとLTVの高いユーザーの獲得に焦点を当てることは不可能です。

すべてのデータを全体的に把握することは、競争が激化する市場において重要です。Linioは、AdjustとCriteoとの連携でもたらされる利点を効果的に活用しました。双方のツールがお互いを補完し合うことで、ターゲットを細かく絞ったキャンペーンを実施し、戦略的な意思決定をすることが可能になったのです。日々の業務だけでなく、長期的な視点から見たメリットが多く得られました。

ラケル・アルボレス(Raquel Albores)氏

結果

前年比で2倍の成長を達成

AdjustとCriteoと連携することで、Linioの2020年のホットセールは予想以上の結果を達成し、売上は前年と比較して大幅に増加しました。

  • 売上が前年比2倍に増加
  • 広告費用の40%をモバイルに投資した結果、取引の50%がアプリ内で発生
  • ROASが50%増加

ホットセールが終わった今、次のステップはすべての顧客に関するデータを分析して、新規ユーザーと使用頻度が多いユーザーを分類することです。再購入する可能性が高いユーザーのカテゴリーはすでに把握できており、顧客と再びコミュニケーションをとるのにかかる期間と、そのための効果的な方法もわかりました。重要イベントについて詳細に把握できたこと、さらにアクションを起こすのに最適なタイミングを知れたことが大きな強みになっています。

ヤレッツィ・エスピノーサ(Yaretzi Espinosa)氏

戦略を成功させるために必要なのは、リアルタイムなインサイト、キャンペーンに関わるマーケティングチームの専門知識、そしてデータを重視することです。

ガブリエル・ロペス(Gabriel Lopes)氏

Adjust は世界のあらゆる一流ブランド企業を支援しています