AdjustがサイバーセキュリティとAIのパイオニアUnbotifyの買収を発表

Christian Henschel

2019年1月22日

Adjust は本日、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とするスタートアップ企業 Unbotify(アンボッティファイ)の買収において、最終契約を締結したことを発表いたします。2018年12月のマルチキャンペーン管理プラットフォーム「Acquired.io」の買収に続き、Unbotifyの極めて強力な技術を当社のアドフラウド防止ツールに追加することで、当社製品をさらに強化していきます。

Adjust は、世界で毎日約100万件の不正アクティビティを排除していますが、それは氷山の一角にすぎません。不正業者は今後も、広告予算の新しい盗み方をグローバルなスケールで継続的に開発していくことでしょう。最近の保守的な予測によると、広告主や企業ブランドは2025年までに、アドフラウド行為によりおよそ500憶ドルの損失を被ると言われています。特に、大きな問題を引き起こしているのはボットによる不正です。ボットは、広告キャンペーンで人間のふりをして表示やクリック、その他エンゲージメントに関するアクションを行うことができるため、見逃されがちです。

Unbotifyのソリューションは、人間の行動という、不正業者が最も偽造しにくいデータポイントに注目しています。このボット検知テクノロジーは機械学習により、デバイスの向きやタッチイベント、圧力感知などの行動データから抽出する何百という特徴を分析します。先駆的なソリューションに対して、同社はファスト・カンパニー誌による「Israel's most innovative company in 2017 (2017年のイスラエルにおける「最も革新的な企業」)」、 およびガートナー社による「2018 Gartner Cool Vendor in Advertising (2018年ガートナー広告部門の優れたベンダー)」を受賞しました。Unbotifyは、Eコマース、ソーシャル、検索エンジン、ゲームといった業界のフォーチュン500企業にも活用されています。

Unbotifyは、Adjust が不正アトリビューションの拒否に関するコンセプトを発表した頃の2015年に、ヤロン・オリカー (Yaron Oliker)とアロン・ダヤン (Alon Dayan) によってテルアビブで設立されました。ヤロンとアロンに2018年の6月に面会した際、デジタル広告やアプリ内のアドフラウド行為を完全に無くす、最先端の防止ツールを作るにはどうしたらいいのかを話し合いました。我々は、マーケットのあらゆるノイズにとらわれず、現状を打破する必要があることで合意しました。お互いの力を結集して「不正の排除」という共通した目的のもと、最先端のアドフラウド防止ソリューションを目指していこうと考えています。

ヤロンやアロン、そしてチームとの協力により、業界でもっとも競争力のある革新的な製品の数々を構築していくことを嬉しく思います。

この件に関するご質問は、担当のアカウントマネージャーまでお問合せください。

Adjust の最新情報をお届けします