ブログ Appleのユーザープライバシーにおける変更点について

Appleのユーザープライバシーにおける変更点について

Appleは「WWDC 2020(世界開発者会議)」で、最新のiPhoneオペレーティングシステム、iOS14を発表しました。このOSにはいくつかの新しいプライバシー機能が追加されています。中でもアプリ開発者とマーケターに最も重要とされるは「AppTrackingTransparency Framework 」で、アプリがどんなデータを収集してどのように使用されるかを説明し、そのデータへのアクセス権限をユーザーに要求するものです。

このフレームワークが適用されると、開発者はユーザーから明示的なアクセス許可を受け取ることなくユーザーをトラッキングすることができなくなります。Appleの定義によると、トラッキングには以下が含まれます。

「広告のターゲティングや効果測定の目的で、自社アプリと他の開発者のアプリのユーザーデータを統合するサードパーティSDKをアプリに実装すること。これらの目的でSDKを使用していない場合にも該当する」

ユーザーからの明示的なアクセス許可がない場合、IDFA値は全て0になります。これは追跡型広告の制限 (LAT) が有効化されている状態と同じです。

しかし、今回発表された変更点の全てが業界に混乱をきたすものではありません。Appleは、開発者が分析データのトラッキングを行うための2つの新しい方法を特記しています。

1つは、同一のコンテンツプロバイダーが所有する複数のアプリにまたがる分析に使用するためのID for Vendors (IDFV)です。これは、開発者のアプリから収集された分析とデータを、開発者自身が所有する別のアプリのローンチと管理に使用できるものです。

WWDCで紹介されたもう1つの大きな変更はSKAdNetworkで、Appleはアドネットワークに、この仕組みを使用してアトリビューションをトラッキングするように要請しています。SKAdNetwork APIはダウンロードと再ダウンロード (re-downloads) を特定し、どのアプリに成果が付与されるべきかを明らかにします。

以下の図はそのフローを示したものです。

Adjustは、Apple Search Adsの公式パートナーとして引き続きAppleとの連携を強化し、お客様に最善のサービスを提供できますよう取り組んで参ります。マーケターの皆さまがiOSとAndroidの両プラットフォームのキャンペーンデータを全て確認できるようにするだけでなく、実用的なデータで効果的な意思決定ができますようサポートいたします。

引き続き、当トピックに関する最新情報にご注目ください。

Adjustの最新情報をお届けします