ブログ iOS 15対策:SKAdNetworkポストバックとAdjustのソリューション

iOS 15対策:SKAdNetworkポストバックとAdjustのソリューション

Appleは2021年6月に開催されたWWDC(世界開発者会議)で、iOS 15のリリースに施行されるプライバシーについてのアップデートを発表しました。ここで注目したいポイントは、SKAdNetworkのポストバックの仕組みについてです。今後アプリ開発者は、SKAdNetworkで取得したポストバックのコピーを受信するエンドポイントを定義できるようになります。一定の複雑さがあるものの透明性が増し、広告主がインストールからインストール後のイベントにわたるデータを得られるという点では、喜ばしいニュースです。

変更内容

これまでは、Appleが行ったアトリビューションのポストバックはアドネットワークに送信され、その後、アドネットワークが、広告主やモバイル計測プロバイダーにポストバックを転送していました。今後は、アプリ開発者がエンドポイントを定義しサーバーを設定することで、獲得したインストール検証ポストバックのコピーを直接受信することができます。

変更点が反映されたAdjustの機能を活用

iOS 15はすでにベータ段階にありますが、Adjustはすべてのマーケターと開発者に、年末のリリースに備えて戦略を構築するためのテストや実験を開始することをおすすめしています。開発者が透明性のあるデータを受け取れるのは良いことですが、キャンペーンのコストやインプレッションなど、分析に必要なデータポイントは取得できません。ネットワークから受け取ったデータが完全であるかどうかを合計値から確認できますが、さらにAdjustは、これらのポストバックのコピーを直接Adjustに送信するためにご利用いただけるエンドポイントURLを提供します。このエンドポイントURLを実装していただくことで、Adjustのローデータコールバックでデータを受信できるようになります。

利点

  • 使いやすく、実装が簡単
  • お客様が既に使用されているAdjustのコールバックでデータを取得できる
  • Adjustがデータをログに保管するため、Adjust側でデータの乖離を特定し、デバッグすることが可能
  • クライアントはローデータ転送を利用して、以下が可能に:
    • ネットワークからのポストバックインストールのコピーを検証
    • ネットワークからのデータに乖離がある場合などに不正を検出
    • インストールの流入元に関する情報を受け取る(パブリッシャーアプリIDを使用)
    • プライバシーの閾値(threshold)をより高度に分析
  • 取得したすべてのポストバックにアクセス(FacebookやGoogleに送信されたものも含む)

今後もAdjustは、お客様をサポートするソリューションの調査と開発を続け、ネットワークデータの包括的な比較や、ネットワークが計測するSKAdNetworkデータの拡張、新たな不正防止メカニズムの構築等に取り組んで参ります。

iOS 14.5以降に関するAdjustの最新インサイトや分析データ、ソリューションについては、こちらのリソースセンターをご覧ください。

Adjust の最新情報をお届けします