用語集 Conversion

モバイルマーケティング用語集

コンバージョン | Conversion

コンバージョンとは

マーケティングでは、ユーザーが広告やインセンティブ、プッシュ通知など何らかの行動喚起に反応した場合に、コンバージョンが発生したとみなします。「コンバージョン」として計測されるアクションはさまざまですが、モバイルの場合は、ダウンロードやインストール、登録、そして購入などが当てはまります。

マーケターはコンバージョン率を確認して、キャンペーンが成功したかどうかを評価します。コンバージョン率は、定義したコンバージョンを行なったユーザーの割合です。アクションを完了したユーザーの合計数を、広告表示の対象となったオーディエンスの全体数で割って計算されます。例えば、広告主が2万人のオーディエンスを対象にキャンペーンを展開したとします。そのうち800人が広告をクリック(コンバージョン)したとすると、コンバージョン率は 800/20,000 = 0.04、つまり4%となります。

コンバージョンが重要な理由

コンバージョンに関連するKPIは、マーケティングキャンペーンの効果を評価するのに重要です。投入した費用に対してどれだけのコンバージョンが発生したかを計測ができなければ、ROASが算出できません。KPIを設定するにあたり、自社の目標に即したコンバージョンに着目することが重要です。例えば、インストールの高いコンバージョン率は優れた成果と言えますが、それは必ずしも収益に結びつくものではありません。このような場合、インストールとアプリ内購入のコンバージョン率の両方を考慮して分析を行い、どうしたらユーザーをインストールから購入に導くことができるかを理解する必要があります。

コンバージョンとAppLovin

AppLovinは、コンバージョンの確率が高い新規ユーザーにリーチするためのプラットフォームを広告主に提供しています。AppLovinのアルゴリズムにより、広告を見た後にダウンロードをする確率が高いユーザーを対象にした広告インベントリーを特定します。