用語集 Conversion Rate

モバイルマーケティング用語集

コンバージョン率 | Conversion Rate

コンバージョン率とは

コンバージョン率は、成果につながるアクションを完了させたユーザーの割合です。コンバージョン率は(広告をクリックするなど)「コンバージョンした」ユーザーの合計数をオーディエンス全体数で割り、パーセントで表現した数値です。

例えば、広告主がFacebookでモバイル広告キャンペーンを実施し、これが1万人の視聴者に到達したと仮定します。さらにこの1万人の内、400名のユーザーが広告をクリック(この場合は コンバージョンイベント)したと仮定します。この場合、対象キャンペーンのコンバージョン率は以下のように計算されます。

400 /10000 = 0.04 または4%

広告を閲覧したユーザーの4%がコンバージョンしたことが分かります。

コンバージョン率が重要な理由

コンバージョン率は、複数の広告チャネルのパフォーマンスを比較するための方法です。前述の例のように、モバイルユーザー獲得キャンペーンなどを展開する場合、その成果をコンバージョン率で確認します。また、キャンペーンの規模を決定する際に、期待するROIの設定にも使用できます。

コンバージョン率はクリックを対象にするわけではなく、マーケティングファネルの先の段階では、コンバージョンイベントを対象にする場合もあります。例えば、アプリのインストールに至ったユーザーや、アプリ内のアクションを完了したユーザーの割合を計算することもできます。これは、価値あるユーザーを特定できるという意味で、広告主やマーケターにとって重要なことです。さらにこの情報をファネルにフィードバックし、ターゲティングやキャンペーンパフォーマンスの最適化にも利用できます。

コンバージョン率の分析を適切に行うことによって、特定のアプリのプロモーションに最も効果的なチャネルを明らかにしたり、広告主がコピーの効果を評価して、それを戦略的な決定に活かせるようになります。コンバージョン率が期待値よりも低い場合は、アプリのユーザー体験(例えば、ユーザーのサインインに問題が発生した場合など)に問題がないか、あるいは他に改善できる領域がないかといった点に着目できます。

成功の判断にあたり、業界全体で決められたコンバージョン率があるわけではありませんが、業界のベンチマークやアプリカテゴリー毎の傾向が判断の際に役立つはずです。Adjustのベンチマークツールで、自社アプリと他社のアプリを比較してみましょう。

コンバージョン率とAdjust

Adjustは、企業がコンバージョン率を効果的に計測および比較するための、さまざまなオプションを提供しています。Adjustの計測ツールを使用することで、Adjust管理画面や自社のソリューションにコンバージョンデータを送信できます。広告主やマーケターはデータを元に詳細を分析し、コンバージョンがどこから発生したかが特定できます。

またAdjustは、モバイルアプリとのイベント計測の連携も行います。これによって、ユーザーのアカウント登録などのアクションを計測し、広告キャンペーンの全体的なパフォーマンスと比較できます。