ビジネスを乗っ取るアプリ内の不正ボット

モバイルエコシステムでは、アプリの運営に大きな影響をもたらす不正ボット(アプリ内で人間のふりをして一定のタスクを行うプログラム)が問題となっています。ゲームアプリの収益構造に危害を加え、Eコマースアプリからユーザー情報を漏洩させたりなど、あらゆるジャンルのアプリが不正業者によって乗っ取られてしまう危険にさらされています。

全てのアプリに関わるグローバルな問題です

ボットは日々進化しています。最近ではユーザー行動を綿密に分析し、従来の検出方法を簡単にすり抜けてしまいます。ボットを悪用する不正業者は、アプリのユーザー体験を悪化させ、ゲームの自動プレイ、アカウントの乗っ取り、クレジットカード詐欺、スパムなど様々な不正行為を起こし、継続的に損害を与えます。

ユーザーとボットを区別するUnbotifyの技術

実在するユーザーとボットを区別することができるUnbotify(アンボッティファイ)は、機械学習の技術を取り入れた世界初のソリューションです(特許申請中)。このテクノロジーは人間の行動パターンを深く解析し、高度な不正技術を持ったボットを高い精度で一掃します。

センサーデータの収集と行動的特徴の抽出

モデルトレーニング

リアルタイムにボットを検出

Unbotify がアプリを守ります

アプリ内で発生するボットによる不正行為から自社アプリをどう守ることができるか、担当者が詳しくご説明します。

デモを申し込む

アプリの特徴に応じてカスタマイズ

特定のアプリ内行動から取得した実在のユーザーデータに基づいて、フィルタを構築します。

以下の不正を検出します

偽アカウントの作成

ボットがWebサイトやアプリに偽のアカウント登録をするのを防ぎます。

不正業者は、このタイプの不正に複数の手法を用います。実在する個人情報を乗っ取るか、あるいは偽のIDを作成し、プロモーションに利用したり、クレジット申請を行なうなどの不正を行い、結果的に数億円もの損害を与える可能性があります。

不正ログイン

ボットは、ユーザーのアカウントへ不正に侵入しようとします。

アカウントを乗っ取るため、ボットは盗まれた認証情報リストを利用します。一旦ログインに成功すると、その実在するアカウントに保存されているクレジットカードで、商品を購入したりスキミングを実行します。

スキャルピング

人気の商品やイベントをターゲットにした大規模なスキャルピング行為を、リアルタイムで阻止します。

スキャルピング行為をするボットは、限定モデルのスニーカーからコンサートチケットなどの人気の商品を、実在するユーザーが購入するよりも早く、一瞬で素早く奪い取ってしまいます。これによって本来の顧客は、元値の何倍もする、転売価格で同じ商品を購入せざるを得なくなります。

ゲーム内での不正行為

AIと機械学習テクノロジーで、ゲームコミュニティや仮想通貨マーケットをボットから保護します。

ゲームアプリ内に侵入したボットが自動的にプレイを行い、アプリ内課金などのゲーム上のエコシステムに損害を与え、本来のゲームプレーヤーのユーザー体験を悪化させるボットが存在します。その結果、実在するユーザーがアプリ内課金に消極的になり、LTVや継続価値、アプリの評価も低下することになるでしょう。

Unbotifyの受賞経歴

世界的に問題となっているアドフラウドに取り組むAdjustにとって、Unbotifyの買収は重要な意味があります。Unbotifyの技術を取り入れることにより、アドフラウド防止に対するAdjustのツール、アドフラウド防止機能をアップグレードします。

Unbotifyを支えるスタッフ

2019年にAdjustの子会社となったUnbotifyは、イスラエルのテルアビブにあるAdjustの研究開発センター内に拠点を置き、機械学習とサイバーセキュリティの分野で経験豊富な専門家で構成されています。ミッションは、現在のアプリセキュリティにおける課題の1つであるボットを阻止する、最高のソリューションを提供することです。

Unbotify がアプリを守ります

アプリ内で発生するボットによる不正行為から自社アプリをどう守ることができるか、担当者が詳しくご説明します。