ヘルスケア/フィットネス

「サブスクリプションビジネスにおけるカスタマージャーニーが明確になりました」

続きを読む
参考資料 ケーススタディ 「サブスクリプションビジネスにおけるカスタマージャーニーが明確になりました」

課題

2019年、「SwingVision」のユーザーは安定して増加していましたが、ロックダウンが差し迫った2020年初めになると、アプリのトライアル数とコンバージョン数が停滞していることがわかりました。ユーザーが広告を閲覧し、アプリをダウンロードして実際に使うまでのカスタマージャーニー全体を深く理解することが必要だとわかりました

この課題は、App Storeで当アプリが特集された後になると、さらに明確になりました。このデータセットからのインストール数が多い一方、サブスクリプションの登録者数やトライアル数、合計セッション数が少なかったのです。

今回Adjustは、iOSアプリのアトリビューションと広告キャンペーンの最適化のためにAdjustを選んだ理由について、同社の共同創業者であるリチャード・スウ(Richard Hsu)氏より伺いました。

SwingVisionの目標は、ユーザーを製品のトライアルへ向かわせるための最善の方法を見つけることでした。

当初も今も、最大の関心は、ユーザーがアプリをダウンロードするだけでなく、実際に製品を試してくれるかどうかです。私たちが注目しているもう1つの指標は、トライアルから支払いへのコンバージョンのタイプです。Adjustのおかげで、このすべての情報を実際に計測し、詳細データをより多く取得できるようになりました。

リチャード・スウ(Richard Hsu)氏

ソリューション

Adjustのサブスクリプション計測からのデータを活用することで、「SwingVision」はサブスクリプションのさまざまなステージ(トライアル、コンバージョン、キャンセル)を容易に掘り下げて分析できます。この概要を使用して、ユーザーファネルおよびサブスクリプションフローの全体を監視できるようになりました。これは、サブスクリプションモデルを採用するすべてのアプリにとって必要不可欠です。

さらに、Adjust Measureにより、「SwingVision」はユーザーベースの拡大に合わせてよりきめ細かくイベントを計測できました。これによって、ユーザーがアプリをインストールしているポイントと方法が明らかになりました。

Adjustのサブスクリプション計測で最も気に入っている点は、非常に詳細であることと、トライアル、有効化、コンバージョン、キャンセルといったさまざまなすべてのステージを実際に掘り下げて分析でき、フローが理解できることです。

リチャード・スウ(Richard Hsu)氏

広告キャンペーンの利用を絶えず改善し、Adjust管理画面を使用してどの広告が効果を発揮しているかを把握しています。 この情報を基に広告を微調整し、コストに対してリターンが少ない広告を停止する作業などができます。

スウプニル・サハイ(Swupnil Sahai)氏

結果

Adjustの導入により、「SwingVision」はリファラル(紹介)リンクを使用し、特定のリファラルに基づいてコンバージョンまたはイベントを計測できるようになりました。

さらに「SwingVision」では、Adjust管理画面を活用して週単位でキャンペーンを分析し、最適化できるようになりました。

  • Adjustのアトリビューションデータからキャンペーンパフォーマンスを監視することで、「SwingVision」のアプリインストール数は2020年と比較して約370%増加しました。
  • 「SwingVision」のサブスクリプショントライアル数は、WebサイトをApp Storeにディープリンクし、ユーザーが興味を持った段階からトライアルへシームレスに移行できるようにすることで、前年比より1,200%増加しました
  • チームがグロースやラインコールなどのアプリ向けの新製品開発、テニス協会との連携といった取り組みに集中できるようになりました。これにより、プロのような体験をレクレーションレベルだけでなくリーグやトーナメントへも拡張しています。

これが最終的にAdjustを選んだ理由のひとつです。私たちが利用していた多くのモバイル計測パートナーのソリューションでは、独自のリファラルシステムを実装することが困難でした。 Adjustを導入したことにより、カスタマイズしてリファラル情報を維持できるようになりました。iOSではこの維持が難しい場合があるため、とても重宝しています。

リチャード・スウ(Richard Hsu)氏

SwingVisionについて

2019年、「SwingVision」は、リアルタイムのビデオ分析とコーチングを世界中のテニス選手に提供するというミッションを開始しました。 友人間でスコアを記録するためのアプリとして考えられた「SwingVision」は、そこから進化し、ユーザーはテニスの練習からショットのパターン、さらにパーソナライゼーションされたコーチングまでのすべてを1台のiPhoneカメラからトラッキングできるようになりました。

「SwingVision」は、プロ品質のショット統計やスコアリングの自動化によって他のテニスアプリとは一線を画しており、選手向けとコーチ向けの両方の機能を提供しています。TeslaとAppleのエキスパートが開発した特許取得済みの人工知能(AI)により、ユーザーはiPhoneとマウントを使用するだけで改善領域を特定できます。これには、凡ミス、ファーストサーブの割合、ブレークポイントのコンバージョンが含まれます。

ユーザーは、2時間にわたるショットトラッキングビデオ分析月単位のクラウドストレージを利用できます。支払いの詳細は必要ありません。プロテニス選手のAndy RoddickとJames Blakeに支持されている「SwingVision」は現在App Storeで星4.7の評価を得ており、最先端のAI技術は先日Appleの2021 iPhone and Apple Watch Keynoteで特集されました。

Adjust は世界のあらゆる一流ブランド企業を支援しています