ブログ Adjustの最新版SDKでiOS 14にスムーズに移行

Adjustの最新版SDKでiOS 14にスムーズに移行

iOS 14の新たなプライバシーポリシーの施行が差し迫る中、Adjustはこの変更によるお客様への影響を最小限に留めるため、引き続きアプリマーケティングの成果を効果的に計測する方法に取り組んできました。

今回Adjustは、Appleの最新フレームワークであるAd.Servicesのサポートなどを盛り込んだiOS向けの最新版SDKをリリースしました。これは業界一革新的で、プライバシー重視のソリューションです。

iOS向けAdjust SDKの利点

ユーザーと広告との関わり方を変えるiOS 14の新たなプライバシーポリシーをAppleが発表して以降、Adjustは、お客様のキャンペーンが影響を受けることなくiOS 14に移行できますよう、業界初のソリューションを作り出すことに焦点を当ててきました。2020年8月には、AppTrackingTransparency(ATT)とSKAdNetworkをサポートする初のiOS 14対応SDKを公開しました。

そして1月18日、AdjustはiOS 14におけるキャンペーンを成功に導く3つの新機能を追加した最新版のSDKをリリースしました。

  • Apple Search Adsのアトリビューションのための新しいAdServices.frameworkのサポート
  • Adjustのインスタンスに新しいappTrackingAuthorizationStatusゲッターが追加され、現在のアプリ計測ステータスを特定するための呼び出しが可能に
  • 計測の同意管理および第三者との共有システムの改善

これらの新機能は、既存の機能を補完および拡張し、iOS 14の変更に備えて対策をされているマーケターをサポートします。

AdjustのiOS向けSDKは、すでにSKAdNetworkをサポートしており、設定も簡単です。Adjust管理画面でSKAdNetworkのconversion value(コンバージョン値)のイベントマッピングを設定いただくと、AdjustがAppleから送信されたconversion valueをデコードし、実際のイベントにマッピングされたデータをレポートに表示します。

新しく追加された管理画面サポートウィザードは、わずか数クリックでSKAdNetworkアトリビューションとATTアクティビティのアップデートレポートをローデータ転送できる機能です。これにより、最高レベルのアトリビューションサポートと透明性のあるデータが得られます。

iOS 14のリリースに伴い、多くの新しい用語や情報が錯綜しています。これを受け、Adjustは管理画面に専用のサポートパネルを設置し、すべてのアプリをiOS 14の新しいプライバシーポリシーに対応させるために役立つ重要な設定手順のリンクを1ヶ所にまとめました。

次のステップ

iOS 14の新ルールの施行後、iOSのアプリマーケティングへの影響を最小限に留めていただくには、Adjust SDKを最新版にアップデートすることが不可欠です。実装方法はこちらをご覧ください

Adjustは、IDFAに対するオプトイン率を最大限に高める方法を奨励し、アトリビューションの精度を維持することで、可能な限りお客様のビジネスがスムーズに移行されるようにサポートいたします。AdjustとiOS 14に関する情報をまとめたiOS 14リソースセンター から、SDKのアップデートの詳細をご覧ください。

また、iOS 14の新たなプライバシーポリシーについてご不明な点がありましたら、専任のテクニカルアカウントマネージャーまたはカスタマーサクセスパートナーまでお問い合わせください。Adjustのサポートチームが皆様の質問にお答えします。

Adjust の最新情報をお届けします