ブログ iOS14対応、Adjustの最新SDKについて

iOS14対応、Adjustの最新SDKについて

iOS14のリリースが9月に予定されていますが、iOSを対象としたモバイル計測について、不明確な点が未だ多く存在します。Adjustでは、iOS14のためのシンプルで実用的な対策をご提案するため取り組んできました。今後「ニューノーマル」となるiOS14の変更点に対応するだけではなく、これをきっかけに、皆様のアプリビジネスがさらに飛躍するようサポートして参ります。

はじめに、Adjustをご利用の広告主にとって最も重要なのは、最新のAdjust SDKにアップデートすることです。最新版のSDKはiOS14の主要なフレームワークをサポートしており、iOS14への移行がスムーズに行えるよう設計されています。今回追加されたAdjustの新機能には、AppTrackingTransparencyへの強力なサポート、SKAdNetworkのデータとワークフローに対するサポート、IDFA以外のデータを活用したアトリビューションの強化などがあります。最新のAdjust SDKについてはプロダクトアップデートヘルプセンターもご参照ください。

AppTrackingTransparency (ATT) へのサポート

ATTフレームワークは、ユーザーがIDFAを含む個人データを誰が計測できるかを管理できるようにします。このフレームワークが社内の分析環境やパフォーマンス計測に大きな影響を与えるのは明らかです。しかし前述のとおり、IDFAの同意を推奨し、アプリ計測とユーザー獲得を継続するためのオプトインフローを構築するチャンスでもあります。

最新のAdjust SDKは、ユーザーのオプトインの状態を自動的にトラッキングします。よって、Adjustを利用している広告主はユーザーのATTのステータス(承認(Authorized)、拒否(Denied)、未決定(notDetermined)、制限あり(Restricted))を確認して、コンバージョンイベントとしてオプトインを最適化することができます。

ユーザーが「トラッキングを許可する」に同意すると、Adjustは広告主にコールバックをすぐに送信し、それに応じてアトリビューションデータを更新します。追加で作業をしていただくなくとも、ATTフレームワークでデータを正確に取得できます。

これは、自社アプリ独自のオプトインフローとユーザーエクスペリエンスを構築する上で重要です。Adjustはバックエンドでユーザーの許諾状況に合わせてアトリビューション計測を正確に行いますので、広告主はオプトインの改良に集中できます。例えば、ユーザー同意を求めるメッセージの前に別のメッセージを表示する、ユーザーがオプトインをする価値を理解したタイミングでポップアップ表示するなど、より効果的なフローに改良するためのさまざまな方法が考えられます。

最後に、Adjustでは、ユーザーのオプトイン率を最大限に高めるためのフロー構築をサポートしています。今後も皆様に最新情報をお届けするセミナーを行って参りますので、詳細が決まり次第ご案内します。

SKAdNetworkへのサポート

SKAdNetworkは、マーケターがインストールとコンバージョンのイベントデータをアドネットワークに連携させることを可能にする、Appleのアトリビューションフレームワークです。Adjustではこれを、広告主にとって2番目に大切な集約データのパイプラインととらえています。というのは、SKAdNetworkのソリューションには次のような制約があるためです。

  • ユーザーレベルのID、あるいは粒度の高いキャンペーンデータが取得できない
  • 最大100までのキャンペーンしかサポートしていない
  • レポーティングに最短でも24時間の遅れが生じる(conversion value(コンバージョン値)とユーザー行動によってさらに遅れる場合も)
  • リエンゲージメントがSKAdNetworkのアトリビューションに考慮されていない
  • Conversion value(コンバージョン値)は6ビットに制限され、一番大きな数値が送られる。よって、データに基づく最適化を可能にするアルゴリズムの開発が難しくなる
  • Appleはコンバージョンイベントを含めることなく、インストールのみしか検証しない(Adjustがアドネットワークから受け取ったデータをAppleに検証する際)
  • ネットワークはアトリビューションデータのコールバックを所有する必要がある
  • 条件付きおよびディファードディープリンクはサポートされない

しかし、SKAdNetworkのシグナルは、Adjustがすべての広告パートナーから集約するアトリビューションデータに使用できます。これにはインストール情報とconversion valueの両方が含まれ、キャンペーンパフォーマンス全体のデータを確認できます。機能の特徴は以下のとおりです。

  • Conversion valueの柔軟性:SKAdNetworkを使用することで、Adjust管理画面からconversion valueを直接更新できます。エンコードする必要がありません。アプリ内購入、ログイン、レベルアップなど、既存のAdjustのアプリ内イベントをSDKに送り返すconversion valueに変換するためのマッピングが自由にできます。
  • 検証された正確な集計データ: 全てのSKAdNetworkのインストールはレポーティングの前に検証されます。そのため、キャンペーンレベルでインストールを計測する際に、SKAdNetworkのデータを信用できるデータソースとして使用できます。
  • カスタマイズされたAdjustのSKAdNetwork管理画面:iOS14のリリースに合わせて、カスタマイズが可能なSKAdNetwork管理画面がご利用いただけるようになります。インストール、エンゲージメント、ROIなどのパフォーマンスを正しく計測する機能で、SKAdNetworkのデータを視覚化し、分析することができます。

SKAdNetworkについてご不明な点がございましたら、Adjustへお気軽にご相談下さい。SKAdNetworkのデータを最大限に活用いただくためのサポートをいたします。また、Adjustでは今後も引き続きセミナーなどを開催して、iOS14の新たな規制に対応するためのコミュニケーションとオープンな情報共有を行って参ります。

その他の対策

9月のiOS14のリリース後も、最新版のAdjust SDKにアップデートすることで、影響を最小限に抑えてマーケティングを続けることができます。また、これらのフレームワークを手動で構築するための時間と労力を節約できます。AdjustはIDFAに対するオプトイン率を最大限に高める方法を奨励し、アトリビューションの精度を維持することで、お客様のビジネスがスムーズに移行できるよう支援いたします。SDKの更新に加えて準備しておきたいポイントは、次のとおりです。

  • 社内の分析環境において、IDFAを活用した分析を行っているか確認する

iOS14のリリース前に、社内の分析プロセスにどうIDFAを活用しているかを把握しておくことが重要です。これに関しては余裕をもって確認しておくことをおすすめします。

IDFAに頼った分析環境であってもご安心下さい。Adjust ID (ADID) または広告主が管理するアプリID(ユーザーIDなど)を、BIシステムの分析識別子として使用することができます。

  • ユーザーをオプトインさせるための代替的アプローチを設計する

こちらの記事でご紹介したように、アプリマーケターはユーザーのオプトインを促すプロセスやフローを自由に構築できます。アプリ内の広告収益モデルを採用するアプリであれば、Appleのオプトインポップアップが表示される前に、ユーザー同意を求める理由を説明した独自のメッセージを表示できます。例えば、「パーソナル化された広告の表示を許可します」と表示して、ユーザーから許諾を得られたら、さらに高いオプトイン率が見込めるATTポップアップを表示する、などです。

オプトインを求めるポップアップは1度しか表示できないため、非常に重要です(ただし、ユーザーがアプリをアンインストール/再インストールした場合、ユーザーを設定メニューにディープリンクしてポップアップを再度表示させることは可能)。現在AdjustのUXチームは、最も効果的なオプトインフローを構築するための資料を作成しています。詳細は追ってご案内します。

Adjustと連絡を取り合い、iOSに関するセミナーに参加し、担当者とミーティングを計画する

iOS14のリリースに備えるのはもちろんですが、次のステップは、リリース後もキャンペーンを継続して成功させることです。Adjustは、この新たな枠組みの中で最も効果的なキャンペーンの運営方法について研究を進めています。そして、そこから得た知識をオンラインセミナーなどで皆様と共有していきます。ミーティングをご希望の際は、Adjustの専任担当者、もしくはsupport@adjust.comまでお問い合わせ下さい。

Adjustのサポート

iOS14を対象にしたモバイル計測に関しては、さまざまな課題が存在します。Adjustは、iOS14のリリースによって皆様のマーケティング活動が影響を受けないように、引き続きサポートして参ります。iOS14への具体的な対策については、「iOS14対応 モバイルアプリ収益化 完全ガイド」をご覧下さい。また、Adjust CTOのポール・H・ミュラーによるブログ記事iOS14の変更に向けての準備と対策も併せてご覧下さい。

Adjust の最新情報をお届けします