ブログ 「Eコマースアプリレポート 2021:AdjustとSensor Towerのインサイトに基づくショッピングアプリの最新トレンド」をリリース

「Eコマースアプリレポート 2021:AdjustとSensor Towerのインサイトに基づくショッピングアプリの最新トレンド」をリリース

ソーシャルディスタンスと移動制限により、消費者のモバイルとの関わり方は大きく変化し、パンデミック前の予測をはるかに上回る形で、モバイルコマースへの移行が加速しました。

Adjustの「Eコマースアプリレポート 2021:AdjustとSensor Towerのインサイトに基づくショッピングアプリの最新トレンド」 は、正しい意思決定に必要な指標をマーケターに提供します。また、コネクテッドTV、ソーシャルコマース、Eコマースアプリにおけるゲーミフィケーションの台頭にも注目し、マーケターがこれらの新しい広告戦略をどう活用しているかを解説します。

AppleのApp Tracking Transparency frameworkは、iOSでのユーザー獲得(UA)にさまざまな影響を及ぼしましたが、モバイルEコマースはインストール数とセッション数が2021年を通して大きく増加するなど、安定した成長を続けています。

モバイルコマースのマーケターや開発者は、変化に柔軟に対応することで、ユーザーのニーズを満たす製品を提供しています。モバイルEコマースの人気が上昇し続ける中、質の高いロイヤルユーザーを確実に獲得できるアプリが競争を勝ち抜いていくでしょう。

レポートの主な調査結果

  • Eコマース業界のインストール数は、2021年は現時点で前年比10%増となり、セッションは12%増でした。
  • アプリ滞在時間は、2019年は10.07分、2020年は10.42分、2021年現時点では10.56分と着実に増加しています。2021年で最もアプリ滞在時間が長いのはEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ地域)で、セッションあたり10.97分です。
  • アプリ内収益は2021年に大幅に増加し、5月に2020年第4四半期を上回りました。年末にかけて、史上最高額に達する見込みです。
  • iOS 14.5以降のEコマースアプリの平均オプトイン率は17%と、当初予測していた5%をはるかに上回っています。

今すぐレポートをダウンロードし、詳細をご覧ください。

Adjust の最新情報をお届けします