ブログ ポール・ミュラー インタビュー:iOS 14.5以降の展望、AppLovin傘下での中立性、Adjustのプロダクトロードマップ

ポール・ミュラー インタビュー:iOS 14.5以降の展望、AppLovin傘下での中立性、Adjustのプロダクトロードマップ

2021年はAppleのiOS 14.5とAppTrackingTransparencyのリリースなど新しいプライバシー規制の導入、業界内での合併や買収など、モバイルマーケティング業界に大きな変化がもたらされた1年となりました。AdjustはAppLovinグループの一員となり、業界最高のソリューションを提供してアプリマーケティングの将来をともに築くための力強いつながりが結ばれました。Adjust共同創業者兼CEO、ポール H. ミュラー(Paul H. Müller)はAdExchangerのインタビューで、プライバシーポリシーの変更点に関する見解やAppLovin傘下での中立性の保ち方などについて話しています。

ミュラーによると、新しい計測プロセスが開発され、計測に利用できるデータが変化していることを受けて、開発者やマーケターが使用しているツールとそれらのツールを統一する必要性という点では、市場は安定していると説明します。

「数多くのツールに手を出したとして、うまくいくものとそうでないものがあるでしょう。さらに、その中でも効果のあるツールを使おうとしても、より競争の激しいネットワークに統合されてしまいます」。開発者に統一されたツールを提供することは、AppLovinのAdjust買収により可能になったことのひとつです。

中立性の点においてミュラーは、AdjustはAppLovinファミリーの一員としてバリューチェーンに関するインサイトをフルに活用していく一方、今後も独立した計測プロバイダーであり続けると話しています。

iOS 14と今後のプライバシーポリシー変更

Adjustは、2020年のiOS 14初回リリース以来、プライバシーポリシーの変更に対して最前線で取り組みを続けてきました。クライアントが変更に対応できるよう業界最高クラスのサポートを提供するとともに、Adjustは今後も変わり続けるエコシステムで、マーケティングとUA戦略構築を手助けする新しい製品をリリースしていきます。

次のステップは、短期間のデータポイントであるconversion valueを顧客生涯価値につなげることだとして、ミュラーは次のように説明します。「Adjustには、SKAdNetworkでconversion valueをモデリングするテクノロジーがあります。

また、同じレベルのデータにアクセスできない場合に、予測KPIを使用してユーザーを外挿するという手法に対しても積極的な開発を続けています。たとえば、トラッキングに同意したユーザーからデータを収集し、意思決定をするのに十分な(予測可能な)精度にまでモデリングすることができます」。

今後の展望についてミュラーは、Googleがその広告IDに変更を導入する際は、パートナーを必ず考慮するだろうと話します。

「広告で収益化している企業として、Googleはアトリビューションと計測の重要性を理解しています」。

さらにミュラーは、Adjustが自社のUIとUXを一新し、管理画面にさらなる機能(コスト・費用データなど)を統合してオートメーション機能を強化していく予定だと述べました。2022年のその他注目トピックには、CTVやAdjustの明示的なデータレジデンシーなどがあります。Adjustのニュースレーターに登録いただくと、製品リリースやアップデートに関する最新情報を受け取ることができます。ブログでも最新ニュースをご確認ください。

AdExchangerのインタビュー全文はこちらでご覧いただけます。

Adjust の最新情報をお届けします