用語集 OTT Over The Top

モバイルマーケティング用語集

OTT (オーバー・ザ・トップ) | OTT (Over the Top)

OTTとは?

OTT (Over The Top) はインターネット回線を通じてコンテンツを配信するストリーミングサービスを指します。

従来は、消費者がケーブルテレビを契約すると、チャンネルの提供はプロバイダー側が決定していました。OTTではユーザーがNetflixやSpotifyなどのサービスに登録し、インターネット経由でそのコンテンツにアクセスできます。ケーブルテレビのプロバイダーはインターネット接続のみを提供しており、ユーザーが視聴するコンテンツをコントロールすることはできません。この新しいメディアプラットフォームは、広告業界に大きな影響を与えています。

OTTが重要な理由

OTTは比較的新しい分野のため、今後大きく成長していく可能性があります。多くの企業がOTTに参入しており、消費者の選択肢も広がっています。それに伴い、広告主向けの広告インベントリーの量も増加しています。より多くの人々がテレビの契約を解約してオンラインでのみ利用できるメディアに移行する中、これらの消費者にリーチする手段として、OTTサービスがますます重要視されます。

OTTのメリット

従来のメディアバイイングの手法では、広告のインパクトを把握するのが難しい場合があります。ユーザーがOTT分野に移行するに伴い、パーソナル化された広告を表示しクリック率を計測する従来の機能を兼ね備えつつ、そのインパクトを定量化して計測データを活用するための非常に現代的な機能を備えています。

OTTのサービス

恐らく最も頻繁に利用するOTTサービスのタイプは動画OTTです。NetflixやHuluのような動画OTTサービスは、ライセンス契約をしたテレビ番組や映画作品およびオリジナルのコンテンツの両方において、ユーザーにさまざまなオプションを提供します。

もう1つの主要市場はオーディオです。例えばSpotifyは、今や音楽ストリーミングの代名詞となりました。ユーザーはインターネット回線を介して、アーティストの楽曲やポッドキャストの膨大なライブラリにアクセスできます。

また、モバイルユーザーの大半は、携帯電話のショートメールより、インターネットで情報の共有ができるWhatsApp、TelegramまたはSignalといったOTTメッセージサービスを利用しています。

同様に、SkypeやWhatsAppなどの音声OTTサービスもますます一般的になっています。

OTT広告とは?

多くのOTTサービスは有料サブスクリプションベースで運営していますが、広告収益が伴うサービスも多数あります。OTT広告は、曲やエピソードの間に挿入される従来のメディア広告とよく似ていますが、OTTプラットフォームのストリーミングメディアで配信されます。