ユーザーレベルでの広告収益: ironSourceとの連携

Posted 2019年4月30日

このたびAdjustは、メディエーションプラットフォームであるironSourceとの新しい取り組みにより、ユーザー単位による広告収益計測を実現しました。マーケターはこのデータを用いて、アプリ内広告へのユーザーエンゲージメントと広告収益をより深く理解することができます。

当機能の概要についてはブログで説明しているため、ここでは、ユーザーレベルの広告収計測のロジックと設定方法についてご紹介します。

Adjustの「ユーザーレベルでの広告収益」計測のロジック

ユーザー単位で広告収益を計測するために、API経由でironSouceからデータ(デバイスから発生した広告収益)を受信します。ironSourceにリクエストが送られると、アプリ毎に収益合計がダッシュボードに表示されます。各デバイスに対するデータは以下のとおりです。

  • ユーザーが1日に閲覧したインプレッション数
  • 発生した収益額(および通貨)

ユーザーレベルで広告収益の計測が有効化されると、Adjust管理画面に広告収益、広告インプレッション数、インプレッション1,000回あたりの広告収益額 (広告RPM)という3つの新しいKPIが表示されます。これを確認することで、各ネットワークの収益合計を把握したり、キャンペーンごとに照合することが可能となります。

ユーザーレベルでの広告収益の設定

*ユーザーレベルでの広告収益は、追加パッケージとして提供されている機能です。お申し込み希望の方は、Adjustのセールスチームまでお問い合わせください。

広告収益の申し込みが完了したら、ironSource からのデータを受信するために、アカウントの連携を行います。

Adjust管理画面のメニュー(Menu) > 連携広告アカウント(Partner Ad Accounts)へと進んでください。

画面上部に、ironSource のメニューが以下のように表示されます。これをクリックして、パートナー設定を行ってください。

このメニューでは、以下のような項目を設定することができます。

  • シークレットキーとリフレッシュトークンを入力してください

設定が完了すると、Adust管理画面上に以下の3種類の広告収益のデータがKPIとして表示されます。

  • 広告インプレッション数
  • 広告収益
  • Ad PRM(インプレッション1000回あたりの広告収益額)

ironSourceアカウントに属するすべてのアプリのKPIが、合計レポートに表示されます。

これらの新KPIは、自社アプリにより獲得したユーザーがアプリ内広告に接触したことで(広告インプレッション)広告収益を生み出したことを示す指標です。尚、レポートに表示されるKPIは、ユーザーのアトリビューションソースに紐付けられています。

BIシステムにデバイス毎の収益データを転送したい場合は、Adjustのローデータオプションを使用してください。いずれの場合もプレースホルダーの {currency} と {revenue} を使用してください。収益に貢献した広告インプレッションのローデータを転送したい場合は、プレースホルダー {ad_impressions_count} を使用してください。

プレースホルダーの使用方法

  • リアルタイムコールバックにより、新しいトリガーである「Ad Revenue」を受信します。Adjustのバックエンドは、このデータを1日に1回、指定のURL へ送信します。広告収益のトリガーであるプレースホルダーの{currency} と {revenue} を用いると、それらの特定の情報が渡されます。インプレッション数はプレースホルダー{ad_impressions_count} を用いると取得が可能です。グローバルコールバックを使用する場合は、ad_revenueをプレースホルダー{activity_kind} の値として受信します。
  • CSVオプションを使用の際は、広告収益イベントを追加でエクスポートすることが可能です。上記と同様に、プレースホルダー {revenue}、{currency}、 {ad_impressions_count} をご使用ください。

設定方法や機能に関するご質問については、担当の営業、アカウントマネージャーまたはsupport@adjust.comまでお問い合わせください。