用語集 Click Injection

モバイルマーケティング用語集

クリックインジェクション | Click Injection

クリックインジェクションとは

クリックインジェクションは、クリックスパムが高度化したものです。

Androidのオペレーティングシステムで発生するこの不正は、新しいアプリがある端末にダウンロードされた時に、インストール済みのアプリが受信する「インストールブロードキャスト」を利用したものです。広告パブリッシャーはインストールブロードキャストを通じて、端末に新しいアプリがいつインストールされたかを認識できます。

この仕組みを利用して、不正業者は実際にアプリを公開し(またはアプリにアクセスし)、アプリユーザーが新規にアプリをインストールする際に、アプリのインストール開始と初回起動の2種類のタイムスタンプの情報(インストールブロードキャスト)を傍受します。不正業者は、対象アプリのインストール完了後かつ初回のアプリ起動の前に、インストールの新しいソースとしてエンゲージメントを差込み、成果を獲得します。

フェイクインストールを検出する不正防止ツールがなければ、不正業者はジャンクアプリでデバイスを適切なタイミングで(そして正当な情報を使って)アプリをハイジャックします。最終的に広告主は、偽の「広告クリック」に対する成果報酬を支払う結果となるのです。

クリックインジェクションが重要な理由

不正な広告エンゲージメントが、多くのユーザーにリーチするために用意した広告予算を無駄にしてしまうのは明らかです。不正手法についてだけでなく、クリックインジェクションがどう機能するかを十分に理解することが大切です。エンゲージメントが不正だとしても、発生するイベント自体は不正ではないからです。このため、正当なオーガニック流入のコンバージョンや広告パートナーによるコンバージョンが、不正な広告エンゲージメントに横取りされます。広告主は、相対的に効果の低い広告に投資を続けてしまい、優れた企業に割り当てるべき費用が流出する可能性があります。

歪んだデータ

不正エンゲージメントは、広告費用を無駄にするだけではなく、その配分を判断する際に必要なデータを歪めてしまいます。例えば、特定の有料広告キャンペーンがターゲットユーザーに効果的にリーチしていることがデータによって判明したら、マーケターはROIを最適化しようと投資を増やすかもしれません。しかし、このデータは不正な申告に基づいた情報であるため、損害が倍増します。当初よりも多くの広告費用を投入することになり、高い成果が見込めるチャネルを無視してしまうことになります。

インストールブロードキャスト

インストールブロードキャストは、Androidデバイスに新しくインストールされたアプリから(または、アプリのアンインストールなど、何らかの変更があった場合に)送信されるシグナルです。この機能は異なるアプリ間で密接な連携を図るのに有用です。例えば、ディープリンクを用いて、新しくインストールされたパスワード管理ツールへのログインを簡素化したり、特定のWebブラウザに直接移動する手段を提供することができます。

不正防止ツール

Adjustのクリックインジェクションフィルターは、Adjustの不正防止ツールの一部として利用可能な機能です。キャンペーンでクリックインジェクション不正のフィルタリング開始をご希望の方は、Adjustの営業担当までご連絡ください。

モバイルアドフラウドの詳細については、Adjust モバイルフラウドガイドをご覧ください。クリックインジェクションをはじめとするアドフラウドの概要を解説したガイドです。