用語集 Advertisement

モバイルマーケティング用語集

広告 | Advertisement

広告とは

広告(アド)は、視聴者の興味やエンゲージメント、購買活動を喚起するために、商品、ブランド、またはサービスを宣伝する手段です。コピーからインタラクティブなビデオに至るまでさまざまな形態で提供され、アプリのマーケットプレイスにおいても重要な機能に進化してきました。

広告は他の種類のマーケティング手段とは異なります。なぜなら、広告には対価が支払われ、広告の作成者はコンテンツとメッセージを完全にコントロールできるからです。

広告が重要な理由

広告は、オーディエンスに確実にリーチできる方法です。興味を引く広告を作成し、多くのユーザーにリーチするための十分な投資を行うことで、ビジネスに直接的な影響を与えることができます。取引の改善やブランド認知の向上など、さまざまな領域で効果が発揮されます。

アプリ内広告とは

アプリ内広告には、テキストやバナー、プッシュ通知、プリまたはポストロール広告など、さまざまな形態があります。ビデオ広告は10~15秒程度(さまざまですが)の長さで、通常はその時間内に商品を表示します。インタラクティブな広告も増えており、より多くのユーザーエンゲージメントを提供することができます。またこうした例の1つに、ディープリンクがあります。ディープリンクにより、広告主はユーザーを1回のクリックでインストールページに誘導できます。

広告形式の種類

広告は、いかに適切な形式を選択するかにより成否が左右されます。モバイル広告で一般的に使われている広告形式とその効果について紹介します。

バナー広告

バナー広告の狙いは、イメージを表示してユーザーに閲覧、クリック、コンバージョンをしてもらうことです。品質の高いグラフィックと行動喚起 (CTA: Call to Action) を促すのに必要な要素です。

インタースティシャル広告

インタースティシャル広告は、フルスクリーンを使ったユーザー体験を提供します。これは、ユーザーがバナー広告を見ることに慣れてしまい、注意を引かなくなる「バナーブラインド」の代わりとして使用できます。インタースティシャル広告は、全画面で表示する前に、通常のバナー広告として表示を始めるエキスパンド広告にすることもできます。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、表示する環境にマッチするようデザインされた広告です。例えば、YouTubeのビデオに「スポンサー」タグが付いているものがありますが、これが特定のプラットフォーム上でのネイティブ広告になります。

動画広告

その名のとおり、動画広告は動画を使った広告です。動画広告は高いクリックスルー率 (CTR) を持つ、エンゲージメント力の高い魅力的な広告手段です。

プレイアブル広告

プレイアブル広告は、ユーザーが購入する前にゲームがプレイできるようアクセスが付与されたタイプの広告です。ユーザーの閲覧範囲は限定されますが、インストールを促すための効果的な訴求が行えます。ユーザーはアプリを購入する前に、それが面白いかどうかを試すことができるため、アプリのアンインストール率を低減するために使用できます。

それぞれの広告形式の長所と短所については、こちらのブログポストをご覧ください。

広告とAdjust

Adjustでは、広告のトラッキングも容易に実現できます。SDKを組み込んで、AdjustのトラッカーURLを作成するだけで完了です。Adjustの管理画面には、広告のパフォーマンスが正確に表示されます。また、1,800以上ものパートナーと連携できるため、適切な予算で適切なソースから広告を配信できます。