モバイルマーケティング用語集

用語集 Marketing automation

マーケティングオートメーション | Marketing automation

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、ソフトウェアを使ってマーケティング活動を自動的に行うさまざまなプロセスを指します。これを活用することで、組織や企業はマーケティング業務の繰り返し作業を減らし、スピードと効率の向上を図ることができます。

BlueVennの調査によると、マーケターは業務時間の80%をデータ分析と検証に費やしていることが分かりました。つまり、マーケターの負担を減らすサービスには、多くの価値があることを意味しています。

マーケティングオートメーションが重要な理由

ソフトウェアの高度化が進む中、マーケティングにはさまざまな変化が起きており、AIなどの技術がマーケティングオートメーションに活用され始めています。この変化が加速するにつれて、マーケティングオートメーションがもたらすサービスの価値は、人間のパフォーマンスを上回るようになっています。近い将来、オンラインマーケティングで競合他社をリードするには、オートメーションソフトウェアを使うことが必須となるまで普及するでしょう。実際に、オートメーションを導入し活用している企業が多く存在します。

マーケティングオートメーションのメリットとは

マーケティングオートメーションの一番のメリットは、人間のユーザーによる繰り返し作業をなくせることですが、これはコンピューターが最も得意とすることです。コンピューターは1秒間に何百万もの計算をこなせるため、効率が大幅に向上し、ヒューマンエラーも削減できます。さらに、コンピューターは人間よりもはるかに速くタスクをこなせるため、変化の目まぐるしい状況にも迅速に対応できます。

マーケティングオートメーションの用途

モバイルマーケティングにおいては、マーケティングオートメーションのメリットは主に2つあります。

1つ目は、コストを集約することで、マーケターは複数のアプリ、パートナー、ネットワークに渡る広告費を1つのレポートで確認できることです。一部のサービスでは、合計レポート、コホート、コストビューなども確認できます。Adjust Automateの場合、値ベースのフィルタリングによる高度なフィルター機能、複数のオプションおよび除外機能などを使って、コスト、イベントあたりのコスト、ROASなどもレポートされます。

2つ目は、キャンペーンの最適化ができることです。広告インベントリーを巡る競争が激化する中、プログラマテック広告を運用するソフトウェアは、たった一瞬で広告の配置に関する決定を行います。複数のネットワークに渡るいくつものキャンペーンを管理するには、常に状況に注意を払って微調整を行う必要があり、マーケティングマネージャーの悩みの種となっています。ルールベースのキャンペーン最適化の登場により、広告費の割当てはさまざまな変数に基づいて自動化され、コンピューターでリアルタイムに更新できるようになりました。近い将来、複数のマーケティングの予算管理をAIで行うことで、マーケターは創造的な業務や戦略に時間をかけることができるようになるでしょう。

マーケティングオートメーションにご興味がありますか?以下のガイドをぜひご活用ください。

マーケティングオートメーションについて詳しく知りたいですか?

ダウンロード