用語集 Real-Time Bidding

モバイルマーケティング用語集

リアルタイム入札 | Real-time bidding

リアルタイム入札 (RTB) とは

リアルタイム入札 (RTB) は、プログラマティック広告のメディアバイイングに関連した用語です。1インプレッション(広告表示)に対してリアルタイムに広告枠を売買することを指し、通常、サプライサイドプラットフォーム (SSP) やアドエクスチェンジによって行われます。

SSPは、パブリッシャーがディスプレイやモバイル、ビデオなどの広告インプレッションをバイヤーに自動的かつリアルタイムに販売する仕組みです。アドエクスチェンジ、アドネットワーク、デマンドサイドプラットフォーム (DSP) とともに、パブリッシャーがインベントリやCPMをより詳細に管理できるようサポートします。

アドエクスチェンジは、サプライサイドがアドエクスチェンジにインベントリを送り込む方法です。

リアルタイム入札 (RTB) の仕組み

RTBでは複数の広告主がパブリッシャーの広告インベントリのインプレッションに入札を行い、それを(最高値で)落札した広告がユーザーに表示されます。広告主は、RTBで十分にターゲットを絞り込み、対象に最も関連性のある広告枠を狙うことができます。また、広告主はキャンペーン予算をリアルタイムに調整してキャンペーンパフォーマンスを最適化でき、さらに優れたROIやeCPMを実現できます。

例えば、ゲームでレベルアップする度にプレイヤーにある広告を表示させるモバイルゲームがあるとします。その時、モバイルのSSPは該当プレイヤーへの広告枠に関心がある広告主全員を対象にオークションを実施します。その入札は瞬時に行われ、最も高い入札者の広告が広告がプレイヤーに表示されます。

また、パブリッシャーと広告主は、最小価格や最大入札価格、入札の優先順位や対象となるインベントリといったRTBのパラメーターが設定できます。

リアルタイム入札が重要な理由

RTBは広告主とパブリッシャー双方にとって効果的です。RTBが両者にとってどれだけ有益かを見ていきましょう。

  • 広告主の利点: RTBを使用することで、より合理的かつ効率的に、目的に合った広告枠を購入できます。ターゲットを十分に絞り込んで、最も関連性の高い広告インベントリに集中することで優れたROIを達成できます。結果的に、ユーザーにもより関連性のある広告が提供されます。
  • パブリッシャーの利点: RTBによって収益を拡大し、さまざまなバイヤーに広告インベントリーを開示し公開入札を行うことで、広告枠の使用率が向上します。またパブリッシャーは、どのバイヤーがどの広告インベントリを購入しているかを可視化し、その情報を基にプレミアム広告枠を設定して、より多くの収益を上げることもできます。

RTBとFyber

Fyberのプログラマティックソリューションにより、パブリッシャーやブロードキャスター、アプリ開発者をあらゆるデバイスやチャネルを横断する形で最も最適なパートナーと紐づけることができます。Fyberのソリューションには、グローバルビデオ広告インベントリのプログラマティックバイイングを管理するための便利なツールも含まれています。