メディエーション プラットフォーム | Mediation Platform

用語集 Mediation Platform

メディエーション プラットフォームの定義

メディエーション プラットフォームは、複数の広告ネットワークへのアクセスを 1つのSDK に集約し、最適化アルゴリズムを利用して、どの広告ネットワークがアプリ開発者のインベントリにもっとも高いインプレッション単価(CPM)を提供できるかを判断します。

メディエーション プラットフォームが重要な理由

もっとも重要なのは、メディエーション プラットフォームによって収益を最大化できる点です。メディエーション プラットフォームは、さまざまな広告ソースが提供するインプレッション単価を確認し、もっともインプレッション単価の高いソースにインプレッションの機会を提供します。こうした競争特性がインプレッション単価を高めるため、アプリ開発者の収益が3倍に拡大する場合もあります。また、自動最適化アルゴリズムを採用することで、従来のウォーターフォール型のアプローチよりパフォーマンスが向上し、管理に必要な時間やリソースを削減することができます。

メディエーション プラットフォームの例:AppLovin MAX

AppLovin MAXは、アプリ開発者が自由に収益化戦略を管理できるメディエーションプラットフォームです。自動最適化による位置情報に基づいたウォーターフォール、直接取引とクロス・プロモーションキャンペーンの管理、高度なアプリ内ビディング環境の活用など、あらゆる目的に使用できます。さらにメディエーションプラットフォームは、多くの広告ネットワークを1つのSDKに束ねてくれます。SDKがあまりにも多く存在するとアプリのパフォーマンスにも影響を与えてしまい、速度が低下し、アプリのユーザー体験(UX)に予期せぬ悪影響(SDKの肥大化 - SDKブロートとも呼ばれる)を与える恐れがあります。

Adjustの最新情報をお届けします