用語集 Mobile Ad Fraud

モバイルマーケティング用語集

モバイルアドフラウド | Mobile Ad Fraud

モバイルアドフラウドとは

モバイルアドフラウドは、モバイル広告の技術を悪用して、広告主、パブリッシャー、サプライサイドのパートナーに広告不正を実行することです。不正業者の目的は、広告予算を不正に獲得することです。不正タイプには、クリックスパムクリックインジェクションSDK スプーフィングなどがあります。

モバイルアドフラウドには、不正インプレッション、クリックスパム、不正インストールなど、非常に多くの形態があります。たとえば、偽のインプレッションから成果を得ようと考える不正パブリッシャーは、複数の広告を1ピクセルに詰め込んだり、故意に複数の広告を見えないように重ねて、全く発生していないインプレッションを発生させたりします。Adjustのモバイルフラウドガイドで詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

モバイルアドフラウドが発生する理由

モバイルのアドフラウドは、不正な手段により素早く利益をあげるための方法として認識されているのが現実です。これには二つの要因があります。一つは、モバイルコンテンツの作成に時間がかかる一方で、閲覧者と広告主の需要が高まり、不正業者がそのギャップに付け入る余地があることです。二つ目に、不正行為に対抗するための措置が業界で存在しない点や、不正が発覚しても犯罪者が逮捕される可能性が低い状況にあることです。

モバイルアドフラウドへの対抗にあたっては、モバイル業界全体の協調が必要になります。Adjustでは2017年よりCAAF(不正防止連合)を運営し、不正防止に向けての積極的な議論と取り組み、テクノロジーの開発を共に行っています。

知っておきたい3種類のモバイルアドフラウド

1. クリックスパム

このタイプの不正は、実際に行われていないユーザーのクリックを不正業者が実行することで発生します(実際には、ユーザーに広告が表示されることすらありません)。クリックスパムは、オーガニックポーチングとも呼ばれています。

2. クリックインジェクション

クリックインジェクションは、クリックスパムの進化系と考えることができます。「インストールブロードキャスト」を傍受することができるAndroidアプリを公開し、ユーザーにインストールさせることで、他のアプリがデバイスにダウンロードされたことを検知できます。これによって不正業者は、インストール(アプリ初回起動)が完了する直前に不正なクリックを発生させることができます。アドフラウド防止ツールがなければ、不正業者がインストールに対する成果を受け取ってしまうことになります。

3. SDKスプーフィング

SDKスプーフィングは、トラフィックスプーフィングまたはリプレイ攻撃とも呼ばれています。これは、実際のデバイスのデータを使って、不正のなりすましインストールを発生させるものです。

Adjustとアドフラウド防止対策

Adjustの不正防止ツールはユーザー獲得を狙う不正に対して特に有効で、課金チャネルにアトリビューションする不正トラフィックを防止することができます。つまり、広告費用が適正なチャネル/メディアに支払われることで配信の最適化ができ、ユーザーのエンゲージメントを促進できるのです。Adjustのアドフラウド防止ツールは、全てのインストールイベントをリアルタイムで分析し、異常値や不正の可能性のあるアクションを洗い出します。異常なインストールイベント1つ1つを確認するため、Adjustでは誤った検出をすることがありません。

また、Adjustのアドフラウド防止ツールがデータをクリーンな状態に維持するため、歪みのない正確なデータを基にしたキャンペーンを実施することができます。Adjustのアドフラウド防止ツールの仕組みとその効果について紹介するViberケーススタディをご覧ください。