用語集 Time of Inactivity

モバイルマーケティング用語集

休眠期間 | Time of Inactivity

休眠期間とは?

休眠期間とは、ユーザーが最後にアプリにエンゲージしてから経過した期間を指します。リエンゲージメントキャンペーンを行う際は、休眠期間を基に非アクティブユーザーを特定し、セグメント分けすることが大切です。

休眠期間が重要な理由

Push通知やアプリ内のリターゲティング広告は、リエンゲージメントキャンペーンに使用されます。パーソナライズされたメッセージで休眠中のユーザーをリターゲティングすることで、アプリの価値を再提案してユーザーの離脱を防ぎます。

カスタマイズしたメッセージとディープリンクでユーザーが広告をクリックするよう誘導するだけでなく、関連する領域にユーザーを遷移させ、リエンゲージメント後に希望するアクションを完了するようにします。

具体的な例で説明します。

休眠期間が2週間の場合:ユーザーが2週間休眠中だとします。ユーザーが単に多忙なだけかも知れませんので、アプリのことをさり気なく思い出させるメッセージを送信します。

休眠期間が2ヶ月の場合:ユーザーがアプリを初めてダウンロードした時の関心を思い出してもらうために、割引などの特別なオファーで説得する必要があるかも知れません。

休眠期間が6ヶ月の場合:ユーザーが最後にアプリを利用した時から追加された新機能などのアップデートを紹介するかたちでアプローチするのがおすすめです。

休眠期間の対策とRemerge

Remergeは、アプリのリターゲティング専用に構築された最初のプラットフォームです。アプリ開発者やモバイルマーケターは、アプリのオーディエンスを効果的にセグメント化できます。また、パーソナライズしたマーケティングメッセージで、休眠中のユーザーにリターゲティングを実施し、継続率やLTVを効率的かつ拡張性に優れた方法で向上させることができます。

広告テクノロジー界のベテランで構成するRemergeのチームは、アプリのリターゲティングに特化し、モバイルマーケターやユーザーに最も優れたエクスペリエンスを提供するテクノロジーで、複雑な手作業によるプロセスの合理化を図っています。開発担当者やマーケターは、リーチを最大化するために設計されたインフラストラクチャーを使って、1秒間に最大100万のFacebookユーザーや35万のプログラマティックアプリをシームレスにリターゲティングすることができます。

包括的な連携が可能なプラットフォームであるRemergeが提供するSDK不要のシンプルなデータアクセス機能、ドイツの厳しい個人情報保護規制に準拠したデータ格納やアナリティクス機能などによって、アプリ開発者はアプリのリターゲティングキャンペーンの成果を正確に理解できます。