用語集 Re-Engagement

モバイルマーケティング用語集

リエンゲージメント | Re-engagement

リエンゲージメントとは

リエンゲージメントとは、過去に広告クリックなどのエンゲージメントがあったユーザーに対して、再度広告を配信することです。広告はWebやアプリ内で配信され、コンバージョンしなかったユーザーが戻ってくるように(そして最終的にコンバージョンするように)ブランドを前面に押し出すものです。

ダイナミックプロダクト広告 (DPA) は、リターゲティングとリエンゲージメントを上手く組み合わせた例です。例えばEコマースなら、ユーザーがさまざまな商品をカートに入れていながら一定の時間内に購入しないといった場合に、ユーザーへ購入を促す広告を表示し、コンバージョンにつなげることができます。このリエンゲージメント戦略により、アプリのカート内にある商品が削除されるのを最小限に抑え、結果としてROASを高めることができます。

リエンゲージメントは、アプリをアンインストールしたり、利用しなくなってしまったユーザーなどにも活用できます。例えば、アプリをインストールして一定の期間アプリを開いていないユーザーを特定し、そのオーディエンスをリエンゲージメントのターゲットにしてアプリに戻ってくるよう訴求し、顧客生涯価値 (LTV) の向上を図ることができます。リエンゲージメント、リターゲティング、リアトリビューションの違いについては、Adjustのブログでご確認いただけます。

リエンゲージメントが重要な理由

全ての市場において、リエンゲージメントは、コンバージョンする可能性が高いと思われるユーザーに対して広告費用を優先的に割り当てる効果的な施策法です。広告費をユーザーのリエンゲージメントに投入するマーケターが他のデジタルチャネルを利用した場合と比較して、高いROIを獲得している理由がここにあります。

リエンゲージメントは、ブランディングやコンバージョンを最適化する強力なツールであり、WebやEメール、モバイルWeb、アプリといったあらゆるデジタルチャネルを横断した幅広いデジタル戦略の一環として優れた効果を発揮します。

Googleなどの企業は、リエンゲージメントに特化したツールを提供しています。マーケターはGoogleのアプリエンゲージメントキャンペーンを使って、既存ユーザーがアプリに戻ってくるように訴求する施策が行えます。詳細については、こちらのブログをご覧ください。併せて、リエンゲージメントキャンペーンをCRMおよびリターゲティング同期して自動化する方法もご覧ください。

リエンゲージメントとCriteo

Criteoは、リエンゲージメントに関する実績が豊富な、業界をリードするグローバル企業です。広告テクノロジーソリューションを提供するCriteoは、Eコマース企業が大規模なデータを活用し、顧客と効率的かつ効果的にエンゲージし、コンバージョンを行うサポートをします。Criteoは、消費者の意識や購入行動を分析するAIエンジンによって、ユーザーが高い興味を引くパーソナライズされた広告の価格付けと提供をリアルタイムに行えます。ユーザーに関連性のあるメッセージを用いることで、毎日数十億ものユーザーがアプリに誘導されています。Criteoは、クライアントとパートナーシップを組み、そのWebサイトにおけるデータやアクティビティを基に、広告の表示場所を最適化します。それにより、クライアントはさらに多くのユーザーにリーチして、オンライン上の売上を拡大することができます。