モバイルマーケティング用語集

離脱 | Churn

離脱とは

離脱したユーザーとは、アプリの利用を中止したユーザーを指します。ユーザー離脱には、アプリの利用中にアプリを閉じる場合(セッションの記録が中止される)と、デバイスからアプリをアンインストールする場合の2種類があります。しかし基本的には、離脱率とは一定期間にアプリから離れたユーザーの数を意味します。

離脱率が重要な理由

アプリを展開している企業にとって、ユーザーの離脱は避けられないものです。アプリのことが気に入らなかったユーザーや、単に利用する必要がなくなったというユーザーもいるでしょう。ユーザーの離脱率を分析することで、アプリ開発者はUXの改善や機能要件の最適化、価格の変更などの対応が必要かどうかを知ることができます。

離脱率を計測することのメリット

ユーザーの離脱率が高い場合、ユーザー獲得には多くの費用を投じているものの、ユーザーから最大限のROIを引き出せていない可能性があります。問題が何かを特定することで、ユーザーの継続率を高め、結果的に収益を増やすことができます。一方で、一部のモバイルアプリカテゴリーにとって高い離脱率は問題ではありません。例えば、ハイパーカジュアルゲームアプリは、ゲームの性質上、離脱率が高い傾向にあります。これはビジネス戦略の一環として認知されています。

こうした例外はあるものの、多くのアプリは離脱率を計測して、ユーザーがアプリを継続して利用しているか、アプリを収益化し続けるためのマイルストーンが達成されているかを確認する必要があります。離脱率の計測とその活用方法に関する詳細は、こちらのガイドをご覧ください。

離脱率の計測方法

離脱率は、非アクティブユーザーや継続率、アンインストールなどの指標を使って計測できます。こうした指標により、アプリがどのようなパフォーマンスをあげているかがある程度分かりますが、アプリ内イベント計測を使用すると、ユーザーがライフサイクルのどこで離脱する傾向にあるかを具体的に確認できます。そのため、離脱率を下げるために対応が必要な箇所がピンポイントに分かるようになります。