用語集 Cost Models

モバイルマーケティング用語集

コストモデル | Cost Models

コストモデルとは

モバイル広告費は、広告主がキャンペーン施策のために広告枠を購入することによって発生します。ユーザーが事前に設定した特定のアクションを完了すると、広告主はパブリッシャーに広告料を支払います。

キャンペーンにかかった広告費用は、特定のチャネルでキャンペーン期間中にアクションを完了したユーザー数によって決まります。

一般的なコストモデルの種類

様々な支払い方法が存在しますが、広告の分野で広く使用されているのは次のような仕組みです。

  • インプレッション単価 (CMP: Cost Per Mille):1つの広告で1,000回インプレッションが記録される度に、広告主はパブリッシャーに広告費用を支払います。
  • クリック単価 (CPC: Cost Per Click):ユーザーが広告を1回クリックする度に、広告主はパブリッシャーに広告費用を支払います。
  • インストール単価 (CPI: Cost Per Install):ユーザーが広告をクリックしてキャンペーン中のアプリをインストールする度に、広告費が発生します。
  • アクション単価 (CPA: Cost Per Action):ユーザーが広告に接触し、アプリを起動、またはインストールしてアクションを完了(例えばニュースレターの登録など)する度に、広告費が発生します。

他にもエンゲージメント単価 (CPE) などがありますが、モバイル広告の分野では上記の4モデルが一般的です。

コストモデルの理解が重要な理由

アプリ広告では、広告費用が発生する仕組みを理解することがとても重要です。例えば、アプリのリリース当初にできる限り多くのインストールを獲得したい場合は、CPIがもっとも有効な配信モデルです。広告主はパブリッシャーが目標を達成した場合にのみ広告費用の支払いが発生するため、ある程度予算を正確に試算できるためです。

しかし、ユーザー数が安定しているアプリの広告主がサブスクリプションで収益化を図りたい場合は、インストールで広告費が発生するCPIではなく、むしろ関心度の高いユーザーに対する施策に発生するCPAの方が有効です。

また、各コストモデルによって、リスクやコストのレベルが異なります。例えば、CPMは広告主にとってユーザーのアクションが保証されないため相対的にリスクが高くなりますが、広告料金はかなり低く抑えられます。CPIやCPAにおいてはリターンがゼロになるリスクは低くなるものの、キャンペーンコストが高くなる傾向があります。

モバイル広告にまつわる様々なコストの仕組みを理解しておくことが、予算内でアプリビジネスを展開するために大切です。

コストモデルとAdjust

広告主にとっての最大の課題は、広告費の支払いが行われるタイミングをパブリッシャーと同意することです。アトリビューションツールや計測リンクを正しく使用できなければ、広告主が過剰な請求を受けたり、支払う必要のないトラフィック(オーガニックインストールなど)を広告費用として処理してしまう恐れがあります。

Adjustのモバイルアプリアトリビューション計測は、全ての広告インストールをアトリビュートすることで、広告主が抱える問題を解決します。Adjustは全てのキャンペーンに対して独自のトラッカーURLを提供し、広告主がキャンペーンのパフォーマンスを管理画面から簡単に確認できるようにしています。広告主は、インストールやインプレッション、イベント数などの正確なデータを元に、正当な広告費のみをネットワークに支払うことができます。