用語集 Native Advertising

モバイルマーケティング用語集

ネイティブ広告 | Native Advertising

ネイティブ広告とは

ネイティブ広告とは、広告配信メディアのコンテンツの一部になるようにデザインされた有料メディアのことです。例えば、YouTubeアプリの有料動画コンテンツは、モバイルネイティブ広告の一例です。この広告はおすすめ動画のフィードに表示され、元々のコンテンツの視覚的なデザインと機能に合うようにデザインされています。

ネイティブ広告が重要な理由

ネイティブ広告はユーザーと任意でつながる機会を提供します。また、ネイティブ広告はバナー広告のような従来の広告形式よりも違和感を感じません。さらに、関連性の高い内容を提供するネイティブ広告により、高いクリック率 (CTR) を発生させ、コンバージョンをさらに促すことができます。キャンペーンに使用する広告の形式やそれぞれのメリット・デメリットについては、こちらのブログをご覧ください。

広告主がネイティブ広告を選ぶ理由

このようなタイプの広告はクリエイティブを表示する適切な機会を生み出すため、広告主は広告が表示される形式がユーザーに好まれるように設定できます。おすすめコンテンツを表示するウィジェットやインフィード広告が有名ですが、広告主は、このフォーマットを利用して、クリエイティブやカスタマイズしたアプリ内コンテンツを配信することもできます。

しかし、ネイティブ広告にはいくつかの課題点もあり、その仕組みは複雑で、配信のロジックを理解するのも容易ではありません。まずはプラットフォームについての理解を深め、その形態や機能に合わせて広告を調整することで、対象のオーディエンスの興味を引く優れたコンテンツが提供できます。

ネイティブ広告はまた、従来型の広告よりも大きな成果をもたらします。複数の調査によると、アプリユーザーはコンテンツが有料であると知っていても、従来の広告手段よりもネイティブ広告の方がより多くのエンゲージメントを得られることが判明しています。これは、ユーザーが通常利用しているメディアに溶け込んだ自然な形でコンテンツが表示されるためです。

広告コンテンツであることが表示される

不正利用を防止するため、ネイティブ広告には様々な法律や法的規制が存在します。例えば、サムネイルやバナー、ヘッダーなどに「プロモーション」や「スポンサー」といったテキストをよく見かけますが、これをクリックすると、有料コンテンツに誘導されることが表示されます。