ブログ ゲーム広告主がクロスデバイスマーケティングを活用する理由

ゲーム広告主がクロスデバイスマーケティングを活用する理由

ゲーマーの76%が複数のプラットフォームでゲームをプレイしていることをご存知ですか?今日のゲーマーの多くは、PCからゲームコンソール、モバイル、そして近い将来にはスマートTVアプリなど、さまざまなデバイスを併用してゲームをプレイするようになっています。このトレンドは、ゲームアプリのマーケターにクロスデバイスマーケティングという大きなチャンスをもたらします。複数のチャネルに広告を表示することで、ユーザー獲得への新たな道がどのように開けるのか、大手ブランドがこの広告の進化にどうアプローチしているのか、さらにAdjustがクロスデバイスマーケティングの取り組みを計測するのにどう役立つかを解説します。

クロスデバイスマーケティングの大きなメリット

ゲーム内広告収益は増加しており、2022年の610億米ドルから今年は710億米ドルに達すると予測されています。この数字は、自らをゲーマーであると認識し、ゲームをソーシャルネットワークとしても利用する若い世代の多くが、今後もさまざまなデバイスでゲームをプレイするにつれてさらに増加すると見込まれています。このように、大小を問わず多くの広告主がゲーム業界におけるマルチチャネルマーケティングの力を実感しています。

多くのアプリマーケターはすでにモバイルゲームとペイドチャネルの広告を利用していますが、一部のマーケターは、コネクテッドTVにも注目しています。しかし、PCやコンソールなどのプラットフォームを使った広告施策は、まだその可能性が完全に発揮されていません。Newzooによると、これらのプラットフォーム上の多くの広告主が収益化を実現できていないのが現状です。

前回の記事で述べたように、PCやコンソールでゲームをする人が大きく増え続けていることから、これらのプラットフォームはマーケターが最も注目すべき新たな広告チャネルだと言えます。また、複数のデバイスでゲームをプレイできるクロスプレイも一般化してきました。クロスプレイにより、マーケターはマルチチャネルキャンペーンを実施し、複数のプラットフォームを横断して同じユーザーに広告を表示することができます。これらのプラットフォーム上で新たな収益化モデルが登場すれば、ゲームマーケターにとってユーザー獲得の機会がさらに増えるでしょう。

ゲームマーケターがマルチチャネルマーケティングを実施するべき理由

マルチチャネルマーケティングに注力している企業は、年間収益が9.5%増加しています。これは、パフォーマンスを300%以上向上させるマルチチャネルマーケティングによるものだと考えられます。複数のチャネルを横断して広告を配信することで、アプリビジネスはユーザーがいる場所にリーチし、より一貫したブランドメッセージを発信して、統一性のある広告で潜在的なユーザーエンゲージメントを高めることができます。

大手ブランドがクロスデバイスに参入

ユーザーの間でクロスデバイスプレイが広まっていることを受けて、有名ブランドはクロスデバイスゲーム市場に参入しています。

Netflix:ゲーム数を増加しコントローラーアプリをリリース

Netflixは2021年からOTTサービスでモバイルゲームを提供してきましたが、最近の発表で、「テレビ、PC、モバイルなど、Netflixの会員が利用しているあらゆるデバイスでゲームをプレイできる」ようにするために取り組んでいると述べました。同社は、2023年末までに40タイトルのゲームをリリースする予定です。さらに先月、NetflixはiOS向けに新しくゲームコントローラーアプリをリリースしました。このアプリを使うと、ユーザーはiPhoneやiPadをゲームコントローラーとして使用することができ、今後登場するスマートTVでもゲームをプレイできます。

同じストリーミング部門では、ゲームはRokuで2番目に人気のカテゴリーであり、Apple TVとFire TVでは2番目にアプリ数の多いセクションとなっています。現在、これらのゲームのほとんどはiOSやAndroidシステムから移植されたものですが、CTVプラットフォーム用に開発されたゲームの人気も高まっています。

CTV広告にご興味がおありですか?まだお試しでなければ、Adjustのガイド「コネクテッドTVを強力なパフォーマンスチャネルとして活用する方法」(英語のみ)をご覧ください。

Samsungが従来のデバイスにGaming Hubを追加

Samsungは昨年、ダウンロードやコンソールなしで、同社のスマートTVでビデオゲームやサービスにアクセスできる機能Gaming Hubを発表しました。互換性のあるゲームコントローラーや、スマートフォンやテレビのリモコンのようなSamsung製デバイスを使用して、多くのゲームをストリーミングして遊ぶことができます。2022年7月〜2023年5月にかけて、SamsungがAmazon Luna、Xbox、Utomikなど、さらなるゲームやパートナーを追加したことで、1ヶ月あたりのアクティブユーザー数は13倍に増加しました。

Samsungは最近、まさに「下位互換性」という言葉がふさわしい驚くべき発表をし、パートナーアプリが2021年型のSamsungスマートTVでGaming Hubにアクセスできるようにしました。これにより、数千万人のプレイヤーがGaming Hubを利用できるようになったのです。

Samsung Gaming Hub

Xbox:クラウドゲームとその他の収益化オプション

コンソールやPCが必要な従来型のビデオゲームとは対照的に、クラウドゲームでは複数のデバイスを使ったリモートプレイが可能です。複数のデバイスでのストリーミングに慣れるにつれて、ユーザーはそれらのデバイスを横断してゲームするためのより優れた機能を期待するようになります。

Xbox Game Pass Ultimateは、コンソール・PCゲームのダウンロード、オンライン マルチプレイヤー サービス、および、ほぼすべてのデバイスでストリーミング可能なクラウドベースのサービスへのアクセスを提供する、サブスクリプション型サービスです。ユーザーがこれらのゲームにアクセスしやすくなるだけでなく、大きな広告機会がもたらされます。

さらにXboxは、PC・コンソールゲームにゲームのタイムスライスを追加するなど、別の収益化方法も検討しています。カジュアルおよびハイパー カジュアル ゲームからハイブリッド カジュアル ゲームが登場したのと同様に、Xboxは、優れたユーザー体験を提供しつつ広告を配信できるハイブリッド型の収益化モデルを求めています。

クロスデバイスマーケティングを開始するうえでの3つのヒント

PC、コンソール、モバイルアプリのいずれのゲーム領域でも、今こそ広告を複数のプラットフォームに拡大するチャンスです(ゲームにも同じことが言えるかもしれませんが、それはまた他のブログで紹介します)。ここでは、クロスデバイスマーケティングを始める前にチェックしておきたい、Adjustからの推奨事項を3つ紹介します。

1. オートメーションを活用する

複数のプラットフォームやチャネルでキャンペーンを開始する前に、マーケターは予算と入札価格の自動化のためのキャンペーンオートメーションツールに投資することが不可欠です。そのため、ビジネス固有の指標に基づいてキャンペーンを最適化するルールを設定したり、一括編集機能などで貴重な時間を節約できるソリューションを選択することが大切です。さらに、パフォーマンスデータのレポートを1ヶ所で自動的に提供し、インサイトに基づいて素早く実行しなければなりません。

Adjustのキャンペーンオートメーションソリューションでは、上記の機能に加え、スマートアラート機能「Pulse」も提供しています。Pulseでは、クロスデバイスキャンペーンにカスタマイズ可能なアラートを設定できるため、チームは戦略構築により多くの時間をかけ、データ分析に費やす時間を減らすことができます。

2. アナリティクスを1ヶ所ですべて把握する

広告施策を複数のプラットフォームやチャネルに拡大するには、オートメーションだけでなく、1ヶ所ですべてのマーケティングソースからのクリーンで正確なデータにアクセスできる機能が必要です。キャンペーンを表示し、分析、最適化するための統一されたアナリティクスプラットフォームにより、マーケターはデータの乖離をなくし、素早くアクションにつなげられるようになります。

すべてのデータを1ヶ所に集約することで、注目すべきデータに基づいてキャンペーンを迅速に最適化し、必要に応じて簡単にドリルダウンすることが可能です。キャンペーンを成功させるには、競合に負けない敏捷性を維持することが重要です。受賞歴のあるDatascapeのようなアナリティクスソリューションを活用して、よりスマートで迅速な意思決定を行うことをおすすめします。

3. Adjustでクロスデバイスマーケティングのニーズを満たす

Adjustは以前から、クロスプラットフォームの普及がゲーム業界で進むだろうと予想していました。Adjustの計測・アナリティクススイートは、モバイルとPC間、コンソールとCTV間におけるアトリビューションデータ、キャンペーンオートメーション、そしてゲームを効率的にスケールするために必要なインテリジェントなレポート機能を提供します。

モバイル計測

Adjustは10年以上にわたり、モバイルアトリビューションのトップリーダーとして、DuolingoTetrisMagic Tavernなどのゲームアプリのアプリパフォーマンス計測し、最もパフォーマンスの高いチャネルの特定やデータの不正防止をサポートしてきました。

CTV計測

Adjustは、包括的なCTV計測ソリューションであるCTV AdVisionをリリースした業界初のMMPであり、昨年Best New Measurement Tool(最優秀新規計測ツール賞)を受賞しました。マーケターがモバイルアプリのコンバージョンやインストール後のイベントをCTV広告に紐付けるのをサポートするだけでなく、CTV AdVisionはCTVキャンペーンが他のチャネルに与える具体的な影響を明らかにします。

PC・コンソール計測

AdjustのPC・コンソール計測ソリューションは、S2S連携、Web SDK、外部デバイスIDを活用し、シングルデバイス・クロスデバイス計測を提供します。ゲームアプリのマーケターは、広告費用の予算をスマートに割り当て、最も効果的に新規プレイヤーと収益を獲得する方法をより深く理解することができます。

AdjustのPC・コンソール計測ソリューションは次のような疑問に答えます:

  • 自社のマーケティングの取り組みによって、ROIを向上できているか?
  • 自社のゲームアプリにとって最も効果的なチャネルは?
  • 最も価値あるプレイヤーはどこにいるのか?

複数のデバイスとチャネルを横断してモニタリング

クロスデバイス広告を成功させるには、統一されたオーバービューが必要です。複数のデバイスでゲームをプレイする人が増加するにつれて、マーケターは、さまざまなチャネルやデバイスにわたってユーザージャーニーを計測しなければなりません。そのため、特定のデバイスやチャネルでのキャンペーンが他のデバイスやチャネルでのキャンペーンにどのような影響を与えるかを簡単に計測できる包括的なプラットフォームが必要です。Adjustがモバイル計測・アナリティクススイートを構築した理由はそのためです。

**モバイル、PC、コンソール、CTV、Webを横断して、プレイヤーのクロスデバイスジャーニーを包括的に把握しませんか?PC・コンソール計測ソリューションへの先行アクセスについては **pc-console@adjust.com までお問い合わせください。

Adjustニュースレターに登録して、最新情報をいち早くご確認ください!