ブログ 「モバイルアプリトレンド 2021:アプリパフォーマンスのグローバルベンチマーク」をリリース

「モバイルアプリトレンド 2021:アプリパフォーマンスのグローバルベンチマーク」をリリース

消費者がアプリを利用する習慣が変化した2020年。これまで以上に多くの人々が、遊びや仕事に日々モバイルを使うようになりました。

このアプリエコノミーのトレンドとユーザー行動を紐解くため、今回Adjustは 「モバイルアプリトレンド 2021:アプリパフォーマンスのグローバルベンチマーク」 をリリースしました。

本レポートでは、Adjustが計測する上位2,000のフィンテック、ゲーム、Eコマースアプリのデータに基づいて、インストール数、セッション数、アプリ内滞在時間、継続率、リアトリビューションの傾向を分析しています。

主な調査結果

  • アプリのインストール数は、すべてのカテゴリーにおいて2019年から2020年にかけて50%増加しました。2021年の第1四半期には、前年同時期と比べて、インストール数が再び31%増となりました。
  • セッション数は、2019年から2020年にかけて全体で30%増加しました。2021年も引き続き伸びており、今のところさらに4.5%増となっています。
  • フィンテックアプリのインストール数は、前年比51%増となりました。これは、Robinhood、Acorns、Gatsbyなどの投資アプリの普及率が大きく高まったことが一因となっています。フィンテックのセッション数も2020年に急増し、2019年に比べて85%増加しました。2021年にはすでに35%増となっています。
  • ゲームアプリは、2020年に過去最高の成長を遂げました。特に、ハイパーカジュアルのインストール数は、ハイパーカジュアルを除くゲームアプリに比べて43%の増加です。
  • Eコマースアプリは、2020年に優れたパフォーマンスを見せました。インストール数がわずか6%増だったにもかかわらず、セッション数の44%増は、モバイルショッピングを利用したユーザーのエンゲージメントが高かったことを示しています。

今すぐレポートをダウンロードし、詳細をご覧ください。

Adjust の最新情報をお届けします