用語集 AppTrackingTransparency (ATT)

モバイルマーケティング用語集

AppTrackingTransparency (ATT)

AppTrackingTransparencyによる影響

AppleのiOS 14アップデートに伴い、広告トラッキングの許諾はAppTrackingTransparency (ATT) システムによって管理されるようになります。アプリとウェブサイトをまたいでトラッキングする目的でユーザーのデータを収集し、サードパーティと共有する場合、アプリ開発者はAppTrackingTransparencyフレームワークを使うことが求められます。2020年9月初旬にAppleガイドラインの変更が発表された後、iOS 14ベータ版バージョン7による移行期間が設けられました。ATTフレームワークがiOS 14に盛り込まれる一方で、その機能性が修正されます

2021年から、ユーザーがアプリによるトラッキングに自らオプトインしない限り、IDFAの取得を含み、ATTはクロスWebサイトおよびクロスアプリトラッキングを許可しなくなります。

AppTrackingTransparencyが重要な理由

Appleの新しい広告トラッキングガイドラインを受けて、アプリ開発者は広告のトラッキングに関するユーザーの許諾を管理するためのアプローチを変える必要があります。UX機能の設計時にユーザーの許諾フローを念頭に置くことで、オプトイン率を最大限に高め、ユーザーに必要な情報を提供することができます。

AppTrackingTransparencyの適用に向けての準備

ATTが完全に適用される2021年に向けて、アプリ開発者は以下のような対策準備を進めましょう。

1. レビューを行う:まず最初に、IDFAが現在どのように使われているかを社内で調査することが重要です。今後いつどのようにIDFAを使うのか、さらにIDFAが取得できなくなった場合、ビジネスにどのような影響があるかを把握しましょう。

2. ユーザー同意:調査を終えたら、次に考慮すべきことはユーザー同意です。ユーザーがオプトインをすれば、その動作はiOS 14以前とほぼ変わらなくなるため、ユーザーの同意率が高ければ競合に対しても優位になります。

3. BIスタックを再評価する:ユーザーが同意するしないに関わらず、IDFAに関する変更点はBIツールのスタックに大きな影響を与えます。アナリティクスにおいてどうデータをまとめているか、iOS 14のリリース後も引き続き社内データをどのように集計していくかを明確にし、しっかりと準備をしましょう。

iOS 14の変更に向けての準備と対策に関するより詳しい情報は、こちらのガイドをご覧下さい。